土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

すぐにでもお金を借りたい


お金を借りたいというだけなら、銀行カードローンがおすすめなのは間違いありません。一般的な銀行カードローンで少額融資となると年利は15%が相場ですが、消費者金融会社のカードローンでしたら、18%程度となります。契約当初という条件付きとなりますが、金利は銀行と消費者金融会社では3%の差が出るのです。

3%程度…という人もいるかもしれませんが、かなりの違いとなります。100万円借りて返済利息の差は3万円ということですから、大きく違ってくるのです。ですので、できるだけ低金利を重視したいのであれば、銀行カードローンのほうが有利なのは間違いありません。

一方で銀行カードローンは、すぐにでもお金を借りたいという人に対して、その要望に応えることはできないといっていいでしょう。というのも銀行カードローンは即日融資ができないからです。もともと、地方銀行のカードローンなどは、より慎重に審査を行うので審査に時間をかけていました。できるだけ低金利で融資を行うので、審査基準も厳しくなりますし、それなりに時間がかかるということです。

しかし、メガバンクやネット銀行の銀行カードローンでは即日融資であるとか、スピード審査というのを売りにしていたように、記憶している人も少なくないでしょう。中には30分スピード融資を売りにしていた銀行カードローンもありました。ですが、そういった広告の文言はいつのまにか目にしなくなったことに気がついた人も多いことでしょう。

実は、現在というよりも2018年より銀行カードローンの審査を行う際に、警察庁のデータベースに接続して、銀行カードローン申込者が反社会的勢力かどうかを確認しなくてはいけなくなったのです。確認というよりも義務といったほうがいいですから、銀行カードローンの申し込み者は必ず、反社会的勢力かどうかの審査を受けることになったのです。この審査には時間がかかるため、銀行カードローンは即日融資が実質不可能となったのです。

これは銀行カードローンだけはなく、銀行に関するあらゆるローンが対象ということです。ですからカードローンだけではなく、フリーローンや自動車ローン、さらには住宅ローンなども同様に警察庁のデータベースに照会されることになります。ですので、すぐにでもお金を借りたい、即日融資を希望している人にとって、銀行カードローンはそういった希望者の役には立たないでしょう。一方で数日の猶予があれば、やはり銀行カードローンの低金利は魅力的と言えます。

即日融資が期待できるのは、どういったところでしょうか。即日融資ということですから、融資の申込みをしてその日のうちに審査が終わり、審査にパスすることですぐにキャッシングできるということです。そうなると、審査スピードの速さもそうですが、対応の早い金融機関に融資の申込みをしなくてはいけないということです。

銀行は即日融資ができないのは前述の通りですから、他に融資をしてくれるのは消費者金融会社ということになります。融資ではなく「お金を作る」ということになれば、買取業者に不要なものを買取ってもらうとか、ネットオークションに出品するといったことができます。しかし、よほど希少価値の高いものや値打ちのあるものでなければ、高価買取や高額落札ということにはならないでしょう。ですので、「お金を作る」というのは一般の人にはなかなか難しいものがあります。

そうなるとやはり、融資してもらうしかありませんし、即日融資ということになると、頼りになるのは消費者金融会社ということになるのです。消費者金融会社が即日融資に向いているのは、システムにあるのは間違いありませんし、設備が充実している部分も大きいのです。

というのも、大手消費者金融会社となると、全国の主要都市のあちこちに自動契約機あるいは無人契約機を設置しています。これは、対面ではなく、というよりもモニターを通して、オペレータとのやりとりでカードドーンの融資の申し込みをするものです。実際の店舗の営業時間よりも受付時間が長いですし、深夜から早朝の時間帯を除いて、すぐに審査をしてくれます。ですから、夕方以降でも無人契約機にいって融資の申し込みを行い、夜までにキャッシングすることも不可能ではありません。

実際に、アコムやアイフル、プロミスにレイク、モビットといった大手消費者金融会社のカードローンは最短で30分審査を謳い文句にしているところもあります。カードローンですから、ローンカードが発行されるのですが、自動契約機からローンカードを受け取ることができるので、最寄りのコンビニATMを使ってキャッシングが可能です。こうすることで、即日融資をしてもらうことができるのです。

自動契約機が近くに無い場合はどうしたらいいのでしょうか。店舗も所要都市の駅近くにあるのですが、それも面倒という場合もあるでしょう。その場合はWEBでの申し込みとなります。WEBでの申し込みになると、即日融資はできないのではないかと考える人もいることでしょう。

WEBでも十分に即日融資が可能です。ただし、初回は銀行振込となるので、できるだけその日の早いうちに融資の申し込みをするようにしましょう。銀行振込ですから、15時までに振り込んでもらわなければいけないからです。15時以降の振込ということになると、お金を手にするのは翌営業日ということになってしまいます。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

闇金以外で即日融資してもらいたい


即日融資してもらえるところをネットなどで検索していると、スピード融資、スピード審査という言葉が出てきます。スピード融資はそのまま素早く融資してくれるということになるのですが、スピードという言葉が即日を指しているのか翌日なのかがはっきりしません。

貸金業者によってもまちまちなのですが、翌日や数日のうちの融資でも十分にスピード融資と考えている場合があるのです。ですから、考え方や価値観、それぞれの立場の違いで認識の食い違いということがよく起こるので、事前にしっかり確認するようにしましょう。

「スピード融資」よりも「即日融資」と書いているほうが額面通りに受け取ると、今日中に融資をしてくれるということになります。スピード融資でも2,3日あるいはそれ以上かかる場合があるので、言葉を自分の都合のいいように鵜呑みにしないほうがいいでしょう。それと、スピード審査というのも同じ理由で、これも即日融資を約束するものではありません。

そして属性の良い人と属性が低い人がいます。属性の良い人のほうが融資を受けやすいのは当然のことなのですが、審査スピードも速いので、属性の良い人は即日融資が比較的簡単な場合が多いです。一方で属性の低い人は、審査にも時間がかかります。貸金業者のほうでは少しでも融資をしようということで、いろいろなケースを模索しているのです。50万円の融資の申しこみがあっても、属性が低いので50万円の融資はできなくても、30万円の融資あるいは10万円の融資は可能かもしれないということで、例えば30万円の融資をした場合にきちんと返済してくれるのかどうかと行ったことも、シミュレーションして審査を行うのです。

そうなると、審査時間もかかることになるので、属性の低い人はどうしても審査に時間がかかります。一方で属性が悪すぎて、いわゆるブラックとなっている人でしたら、信用情報機関に照会した段階で審査落ちとなるでしょう。そして、ネットで即日融資してくれるところを探すとたくさん貸してくれるところがヒットします。その中には闇金が潜んでいるかもしれません。そういった業者からお金を借りることがないように気をつけましょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

消費者金融会社で即日融資


現在、銀行カードローンでは、融資の申込みをしても即日融資はしてもらえません。それでは、即日融資をしてくれるところはどこかということになると、それは消費者金融会社しかないのです。消費者金融会社のカードローンなどは十分に即日融資を勝ち取ることができるでしょう。営業時間、さらには受付時間が長いのが消費者金融会社の大きなアドバンテージとなっているのです。

WEBでの受付は24時間やっているけど…確かにWEBでのカードローンの受付は24時間していますが、受付をしてくれているだけで、すぐに審査をしてくれるのか、即日融資をしてくれるのかわからないというときがあります。特に夕方以降でしたら、消費者金融会社が受付はしてくれても審査は翌日にということもあるのです。

その点、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社のカードローンは、受付と対応時間がとても長いのです。大手消費者金融会社は各都市に無人契約機、自動契約機というものを設置しています。これはお店が開いて以内時間帯でも融資の申し込みの受付をしてくれて、規定時間内でしたら、即時審査をしてくれるのです。自動契約機の場合は夜の22時くらいまでは、オペレータとの対話形式で審査が行われるということです。

ローンカードの無人契約機から発行されるので、審査に通ればすぐにコンビニATMなどでキャッシングが可能となります。店舗の場合でしたら、電話での在籍確認などができれば、その場で現金を渡してくれるか、たいていは銀行振込での入金となります。デメリットがあるとしたら、大手消費者金融会社のカードローンの審査基準が大手消費者金融会社の中では高いということでしょう。消費者金融会社自体の審査は緩めなのですが、カードローン審査に限っては審査に落ちる人も少なくないのです。特に過去に延滞履歴などがあれば審査に通るのは厳しいかもしれません。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

消費者金融会社でも審査に落ちる


消費者金融会社でも審査に落ちることは少なくありません。他社借入れがある場合でしたら、総量規制にひっかかっている可能性があります。年収の3分の1までしか借りることができないという規制ですが、年収200万円の人がすでに70万円近く他社の消費者金融会社で借りている場合は、それ以上の借入れができないのです。ある程度返済して利用可能額が空いてから借入れをするようにしなくてはいけません。

他社借入れが多くて返済のために、新たな借入れをする場合でしたら、新規の借入れよりもおまとめローンを利用したほうがいいでしょう。おまとめローンなどの目的のあるローンの場合は、消費者金融会社からの借入れでも総量規制の対象外となるので、おまとめローンで債務の一本化に積極的に取り組んだ方が、返済が格段に楽になります。

あまり他社借入れの件数が多くなると多重債務となって、新たな借入れの審査に通ることができず、あげくには返済不能となって債務整理になってしまうこともあるでしょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

闇金以外で借りる


どこもお金を貸してくれない、今日中にお金をなんとかしなくてはいけない…といったときに、「すぐに融資可能」といった言葉に惹かれるようにお金を借りる人もいるでしょう。ひょっとしたらその貸金業者は闇金かもしれません。

店舗が無い場合も多いのですが、店舗に行ったときは、都道府県知事の認可証や貸金業界の会員証などがあるかを確認したほうがいいでしょう。偽造している場合もあるので、あらかじめ認可証や会員証がどういったものなのか、本物をネットなどで確認しておいたほうがいいかもしれません。

いずれにしても闇金などで借りてしまうと、延々と利息の返済のみをしていかなくては行けない場合も多く、ずっと借金が減らない状況になりかねません。闇金からお金を借りてしまうと、これまで以上にお金に困ることになるので、闇金からお金を借りることがないように気をつけましょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>