土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

大手消費者金融で3社借り入れキャッシングはできる?

多重債務は、複数の消費者金融などから借り入れをしている方を指します。消費者金融も大手消費者金融、中小消費者金融などがあります。

大手消費者金融はWEB完結ですごく簡単にカードローンを作ることができます。しかも、多重債務もできやすいという内容。多重債務の何が悪い?

3社借り入れキャッシング

実は大手消費者金融では、3社の多重債務者も存在しています。カードローン審査で借りられない方もいますが、年収が1000万円の方が3社の大手消費者金融の多重債務であり、借り入れ10万円程度なら何の問題もないでしょう。

大手消費者金融としてはも順調に毎月返済をしてくれる、それができる年収であり信用情報も事故がないのなら多重債務も大丈夫です。大手消費者金融の多重債務というのは、単に数だけの問題ではないというのですが?

さすがに3社目は慎重になる

貸しすぎないという点においては、大手消費者金融の審査では、信用情報で既に2社の多重債務を確認。そこで、事故がないことと借入額に注目します。

返済可能であれば借りれる場合もありますが、多重債務は簡単に借りてしまう可能性があると見られた場合、カードローン審査が通らないことがあります。このあたりの微妙な審査内容は、公表がないのですが、大手消費者金融で3社借り入れキャッシングができる方は、高い返済能力があるとされた方でしょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

返済能力とローンカード

返済能力とは年収に対しての借り入れのバランスです。

融資をしていても返済がきちんとできている、借り方も極端な内容ではなく、それでいて収入も安定している。はっきり言って、継続する返済ができると何枚ものローンカードを駆使していたとしても問題ではないです。これが、過去に債務整理、延滞や滞納をしていれば問題ですが。

低い収入でも

大手消費者金融などでは、初回借り入れで30日間の無利息期間があります。それを利用したくて多重債務者になる方もいます。

その時に、年収が低いとしても、少ない金額で3社借り入れも可能です。返済日に遅れることなく返している返済能力があるからです。自制の取れるキャッシングができるのなら、たとえ低い収入でも総量規制範囲内で節度あるキャッシングできる方はかえって、歓迎と言うことになります。

大手消費者金融、3社の多重債務はありということ?

多分、信用情報と収入の安定さから、多重債務もできる方が多いです。

こんなに借りれたという口コミも少ないですが、総量規制範囲内であちこちから少しずつのキャッシングをしていたとしても、返済しているのなら3社借り入れキャッシングは大丈夫でしょう。特に無利息期間ハンターであれば利息なしで渡り歩く事ができますが、1度だけしか利用ができないです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

3社借り入れキャッシングをおすすめしない理由

カードローンは、大手消費者金融各社にある商品です。はっきり言って似たような金利であり、特徴も大したかわりはないです。

2社以上の借り入れを多重債務と言いますが、既に1社の大手消費者金融のローンカードを持っていて、次に借りたいという時、メリットとしては、無利息期間のキャンペーンくらいです。

多重債務は止めませんか?

信用情報をご存知でしょうか?あなたが消費者金融や銀行カードローンに申し込みをしたり、クレジットカードでお買い物をした時に記録される個人信用情報機関のことを言います。

クレジットカードでもキャッシングでも必ず信用情報を確認される審査がありますが、そこで借入件数が多いほど、借り入れられないことがあります。多重債務だから貸さないという単純な理由もあると言います。

カードローンには限度額があります

消費者金融のローンカードを渡される時に、あなたの限度額は◯円と指定されます。その限度額は、総量規制と言って年収3分の一の範囲内です。

そして、多重債務でもその範囲内を分合うだけです。新しくローンカードを作ったときに、借り入れ範囲が増えるのではないのです。

300万円の年収なら100万円が総量規制で借りれる限度額です。1社でも3社でも100万円。要するに、多重債務になったとしても借りれる金額は増えないです。それにクレジットカードのキャッシング枠も総量規制です。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

3社目借り入れした時

既にカードローン利用している方が、多重債務のためにローンカードを作りました。限度額が違う?それだけしか借りられない?というのは、総量規制範囲内で分け合うからと言うことです。消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠は同じムジナと言うことになります。

そこで、多重債務はしないという提案ですが、何枚持っていたとしても総量規制が増えないですし、どこかのローンカードの返済が遅れることで金融事故者になることもあります。

意外と知らない多重債務の罠

多重債務になると、自分がとても多くのキャッシングができると勘違いしている方が多いです。年収に対する総量規制の数字は変わらないので、多重債務は各大手消費者金融の儲けを手助けしているだけです。自分としては何の得もないことになります。無利息キャッシングだけは、初回30日間は有効です。

しかし、その後はそのローンカードを持っていたとしてもあまり価値のないことであり、かえって信用情報での多重債務は記録的には良いことはないです。多重債務はしないことで、1社の大手消費者金融で限度額まで借りる方が良い場合があります。

大手消費者金融の話し

金融事故者は別ですが、大手消費者金融は簡単に多重債務ができますが、あえてしないことをおすすめします。

きっときちんと返しているのなら、3社借り入れキャッシングもできるでしょう。総量規制を分け合うことも可能ですが、多重債務そのものは良い行いではないと言いたいです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

3社借り入れキャッシングできる人も多重債務は禁物?

現在、大手消費者金融カードローン利用をしている方で、次のローンカードの選定をしている方もいることでしょう。返済をきちんとしている方なら、大手消費者金融の借り入れもできることでしょう。

無利息期間のメリット

大手消費者金融の一部では無利息期間を設けている場合があります。30日間が無利息になる、1週間だけ無利息、60日間無利息などその時々のキャンペーンがあります。

どこの大手消費者金融も顧客獲得のためですが、キャッシングで無利息は魅力です。金利ゼロであれば、普段の17%の金利分がお得です。ですから、今のカードローンの返済しつつ、別の無利息期間のカードローン、使いたいのは本音です。

はっきり言って、この無利息期間はお得です。ただ、どの大手消費者金融の初回の利用しか使えないです。ということで、1回無利息期間でキャッシングをしたら、あとは普通のカードローンになってしまいます。

無利息期間以降のカードローンの扱いについて

無利息期間のカードローンを使いました。無事に完済をしました。その期間中は多重債務でしたが、完済後は思い切って解約してしまうことをおすすめします。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

せっかく申し込みをしたのに?

そう思う方もいますが、二度と無利息期間が使えないので、持っていたとしても無駄です。解約した大手消費者金融、銀行カードローンなどでも金融事故がない場合は再契約ができます。

契約したままでも良い

大手消費者金融なら総量規制範囲内なら、3社借り入れキャッシングもできる方は多いです。返済トラブルだけではなく、借り過ぎていないことが必要です。ましてや借りていないカードローンがあったとしても、です。

ただし、信用情報的には借り入れがないけれど、あちこちのカードローンに手を付けている記録があります。返済には問題がなく契約ができますが、印象は良いものではないです。

ここで、住宅ローンをしよう

多分審査落ちです。使っていないローンカードの解約は、住宅ローンのような多額の借り入れの時有効です。借りていないとしても、多重債務になっている記録です。

また、ローンカードの解約も実は5年間は残ったままになると言います。その間の住宅ローンの契約が審査落ちの可能性が高いようです。簡単に3社借り入れキャッシングというのはできることですが、使っていないローンカードの解約、そして多重債務はしないことは大切なことです。

多重債務のメリットは、無利息期間の利用だけで、あとはすぐに解約をすることです。一時的な3社借り入れキャッシングができたとしても、完済後は常に1枚のローンカードでのキャッシングが良いでしょう。次のキャッシング、目的ローンの時の審査にも大きく関係します。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

3社借り入れキャッシングは銀行?中小消費者金融?

現在大手消費者金融などでは、半年間順調に返済をしていたり、返済にトラブルがなく安定した収入であれば増額ができます。再審査になりますが、大手消費者金融も中小消費者金融も対応していることです。

3社借り入れの前に

特別金融事故も起こしていないのなら、借り入れ件数は増やさないことです。現在2社の多重債務なら、次の消費者金融の存在ではなく借り入れ増額をするほうが良いです。増額ができるということは、消費者金融の信用があることです。

消費者金融としても自分の会社から多く借りてほしい。きちんと返済ができる上客であれば、手放したくないので、増額の申し入れには対応することが多いです。半年以上の返済、給与が上がったなどのタイミングが申し入れポイントです。ここで、3社借り入れキャッシングでは、信用情報的にもマイナスです。

銀行カードローンの可能性?

大手消費者金融からの銀行カードローン申し込みは、案外と難しい場合があります。これが、銀行カードローンが先であれば、多少違う内容です。

というのも、銀行カードローンの方が審査は厳しいとされていますので、消費者金融の申し込みがあとの方が良いです。ただし、この審査は絶対的なものではなく、大手消費者金融の借入額と借入件数が多くなく、返済能力が高い方は銀行カードローンの審査もとおることになります。

総量規制は銀行カードローンは対象外なので、増額ではないのですが、新たに借り入れが増やすことにも成功します。審査の行方は不透明ですが、3社借り入れキャッシングを銀行カードローンという選択も間違っていないです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

個人信用情報機関の内容が問題

銀行カードローンの方が大手消費者金融よりも確実の金利が低いのも魅力です。審査は通らないとは言いませんが、借入総額が少なかったり過去完済している場合では、銀行カードローンも借りれることがあります。

個人信用情報機関での金融事故がない。

債務整理していない、延滞や遅滞もしていないのであれば、借りれないこともないでしょう。多重債務の1つが銀行カードローンの場合は、総量規制以上の借り入れができますが、ここで延滞などをしてしまうとすぐに借り入れ中止と言うことになります。

金融事故を起こしたのなら

総量規制範囲内であれば、中小消費者金融や街金でのキャッシングができる場合があります。
最初から3社借り入れキャッシングは、大手消費者金融に行かずに中小消費者金融や街金で簡単に借り入れする方も少なくないです。

実はこの方法も悪くはないのですが、金融事故の内容によっては、債務整理の方が良い場合もあります。中小消費者金融と街金の選択と債務整理は、紙一重です。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

3社借り入れキャッシングもちょっと待った!

3社借り入れキャッシングが、大手消費者金融、銀行カードローンでできない方もいます。いわゆる金融事故、ブラックになっている場合です。

どんなことで借りられない?

銀行カードローンの場合は、既に大手消費者金融で2社の多重債務になっていることが原因だったりします。金融事故ではないのですが、返済能力がよほど高くなければ、大手消費者金融多重債務者が銀行カードローンの審査通過はできないことが多いです。問題は3社借り入れで、大手消費者金融で借りられないことです。

金融事故には種類があります。大手消費者金融の借り入れができないということは、金融事故者になっている可能性が非常に高いです。

借入状況

2社の多重債務者でも総量規制範囲内であれば、3社の借入ができないです。年収3分の一が範囲内ですが、それを超える借入は大手消費者金融も中小消費者金融も無理です。

銀行カードローンでは対象外ですが、それは問題ではなく返済に問題ありだと借りられないです。要するに借り過ぎです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

延滞や遅滞

総量規制に余裕はあるけれど、延滞をしているとか遅滞を続いていると、3社借入ができる信用がないです。返済能力が低いと判断されたりということで、大手消費者金融では良い顔をしないことがあります。

中小消費者金融では、延滞と遅滞、総量規制以上以外の金融事故では、借りれることもあります。この点以外が理由なら、中小消費者金融と街金が良いです。

ブラック対応の中小消費者金融で借りる

ブラックでも借りれる中小消費者金融では、総量規制範囲内で返済能力があれば借りる可能性があります。ただ、多重債務より債務整理者の方が借りやすいことがあり、3社借り入れキャッシングを中小消費者金融にするのではなく、債務整理でスッキリしましょうというのも提案の一つです。

債務整理でも任意整理では、すぐに中小消費者金融で借入ができます。多重債務も完済ができる範囲内なら無理して債務整理もないのですが、もし3社借り入れも2社の多重債務の返済のためであれば、借りない選択もあります。

金融事故後の借り入れに関しては、中小消費者金融や街金での甘い審査が発動できます。しかし、すぐに返済ができないのなら、安易な甘い審査に行かないで、債務整理をすることが良いでしょう。消費者金融系限度額の総量規制範囲内だけではなく、多重債務に関しては、信用情報的にもメリットはないです。

完済ができない、返済が長期に渡る場合は、多重債務ではなく債務整理が良い場合もあります。ここは良く検討して、3社借り入れキャッシングが誤った選択にしないことです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>