土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

審査通らないけど借りれるところ

大手消費者金融や銀行カードローン審査に落ちた。そう驚くことではありませんと言われたらどうでしょう?意外に思われるかもしれませんが、大手や銀行のカードローンの審査通過率は50%台なのです。

審査落ちは意外に多い?

CMなどでさんざん宣伝をしているプロミスやアコムなどの金融会社では、独自の審査でキャッシングができます。申込者をコンピューターのスコアリングシステムですぐに審査をしますが、その時、申込情報や信用情報機関で金融事故や審査基準に合わないとすぐに審査落ち決定です。そのスピードも早く、借りれると思ったのに、ダメだった方は案外と多いのです。

特に、銀行カードローン審査は消費者金融よりも内容が厳しいため、借りやすい金融業者として知られていますが、借りれない方は存在しています。ですから、大手消費者金融や銀行カードローンで借りれないとしても、そう落ち込むことはありません。

どうしても現金がほしい

とはいっても、借りないことには困ってしまいます。

そこで、やってはならないのが違う大手消費者金融に申し込みをすることです。多分、審査基準は似たような業者ですから、同じ結果です。事故情報のある債務整理経験者や多重債務者も、審査通過率が高いとされる消費者金融会社に申し込みをするのです。

ただし、ここでの借入も通過率は良くて70%台です。ということは、ここでも借りられない方が存在するのですが、少なくとも大手とは審査が違うので、一応申込をしてみましょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

審査が違うとは?

大手消費者金融ではキャッシングができなかった方が、別の審査基準の消費者金融での借入ができると言うのは常識となっています。それぞれの審査基準は、金融業者で決まっています。

別の審査基準と言うのは、“大手消費者金融よりも甘い”から、審査通過率も高くなります。具体的には、大手消費者金融では審査落ちの金融事故の方などが、借りられるのです。

三井住友銀行カードローン、プロミスも審査落ちだけど、アローではOK。このアローというのが審査の甘い金融業者です。カードローン会社ではなく、借入は振込キャッシングになりますが、このような審査が柔軟とか、甘い金融業者のことを中小消費者金融とか中堅消費者金融、街金と表現することが多いです。

簡単に言えば大手に対する中小と思って良いでしょう。大企業VS中小企業、零細企業と同じです。金融業者でも力の差は当然あります。大手消費者金融と同じ審査基準なら、顧客がつかないから審査を甘くしていると言っても良いでしょう。

大手消費者金融審査落ちは中小消費者金融おすすめ

自己破産、債務が多いなでの理由で審査落ちしてしまった方は、審査の甘い中小消費者金融での借入ができる可能性があります。

その時に、延滞をしていない、総量規制限度額(利用限度額)に余裕がある、そして収入があり、返済能力がある場合が条件です。個人信用情報に金融事故があったとしても任意整理などの場合は、完済していれば貸付ができる場合があります。

大手消費者金融では審査落ちの申し込みブラック、他社の借入が多い、複数社の借入が多い多重債務の方も検討してみて下さい。ただ延滞情報だけは多分、中小消費者金融でも借入ができないようです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>