土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

申し込みブラックとは

案外、多くの方が経験している簡単になってしまうブラックリストのことを言います。

ブラックリストと信用情報機関

消費者金融や銀行カードローンの申込みの時、必ず自分の名前や住所などを入力します。そして審査が始まりますが、この時信用情報で融資ができるかその金融業者の審査基準と照合します。

その時に、この人今日で3回目?10分前にA消費者金融に申込みをして審査落ちになっているということがあります。短期間に何度も申込みをしていることが、信用情報機関ですべて分かってしまいます。この時、会社ではカード発行を見送ります。申し込みブラックだからです。

個人信用情報機関では、何度も申込みをしているお金に困っている人、このような方は返済も怪しい、既に多重債務だしということであればますます審査は通りません。このときから約半年間、ブラックリストのままです。自己破産などの債務整理者と同じ扱いです。当分キャッシングはできない可能性が高いです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

一発逆転劇はここか始まる

貸金業法の法律では、融資限度額である総量規制範囲内のキャッシングは許可しています。申し込みブラックでもどうぞというのが、中小消費者金融と言われる審査の甘い金融業者です。正規金融業者として日本貸金業協会会員であったり、金融庁届け出していて登録番号もあります。

中小消費者金融では、個人情報で申し込みブラックがあったとしても対応してくれるところがあります。それも、必ず返済能力がある方が原則です。借入件数があったとしても、自己破産した債務整理者でも、審査ハードルを低くした貸金業です。申込をしてみる価値はあります。

融資スピードは大手よりも遅いですが、電話などでくわしい独自審査で契約ができた方もいます。信用力があるからというのもあるでしょう。中小消費者金融では、過去の金融事故ではなく、返済ができる方を応援しているといえます。ですから、しっかり収入がある方なら、中小消費者金融もしっかり対応できるのです。

申し込みブラックは怖くない?

本来、一度大手消費者金融や銀行カードローン審査で審査落ちになったら、すぐに中小消費者金融に行くことをオススメします。何度も大手に行ったとしても結果は同じです。

中小消費者金融での申し込みブラックはあまり重視しないといっても良いでしょう。しかし、申し込みブラック以前のブラック度が濃いときには、審査通過は困難です。特に債務整理中、昨年自己破産した、5件の多重債務、なんと延滞というのでは、中小消費者金融も審査に通りません。

ブラックの状態がどんな感じなのか?単なる申し込みブラックですと、中小消費者金融では望みあるかも?

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>