土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

お金借りれない相談はどこにしたら良い?

銀行カードローンや消費者金融アコムなど、大手消費者金融で借りられなかったからと言って、すぐに公共機関に相談に行く方は少ないでしょう。

何かしてくれるのですか?

一応、生活困窮者に対しては、法テラスなどに相談に行くように勧められます。

生活福祉資金貸付、生活困窮者自立支援制度などの支援プランもありますが、消費者金融で借金ができないからと言って簡単に利用できるものではありません。生活保護も簡単な手続きではなく、ましてや借金がある状態では生活保護申請はできません。全国にある女性のための女性センターでも、支援金がすぐに出るものではないのです。

そして、債務整理や借金そのものの相談なら、公共機関よりも弁護士などの専門家の方が現実的です。法テラスもそういった機関で、低所得者には援助などもあると言うだけです。

金融会社に借金がある場合には、まずその整理をすることから始めることが多いです。そして、生活そのものに苦慮していない場合は、何の援助もないと思って下さい。

大手消費者金融で借りられない

そんなときには、中小消費者金融の消費者金融一覧を確認して下さい。ネットで申し込めるところであれば全国対応のところも多いです。日本クレジットカウンセリング協会なども来社が原則ですが、借金相談に対応しています。

担当者が直接話を聞いてくれることになりますが、間違ってもお金を貸してという対応はしていないです。ですから、返済がなんとかできるのに大手で借りられない場合には中小消費者金融の甘い審査を受けるのも一つの手です。ここもダメなら、債務整理ですが、一応まとめローンなどもあります。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

総量規制

中小消費者金融も大手と同じで、総量規制限度額を超えるキャッシングには対応していません。

消費者金融キャッシングアロー、消費者金融アルコシステム、消費者金融セントラルなどは代表的な中堅消費者金融ですが、ここでも総量規制は厳守、街金も同様です。法律無関係ヤミ金は総量規制以上も貸してくれますが、ここは金融業者ではない事は確認して下さい。

借金相談は民間で弁護士がベスト

中小消費者金融会社でも、審査落ちはあります。原則多重債務OKですが、あまりに借入件数が多いと対応してくれません。

そんな時は任意整理や自己破産などの債務整理ですが、この法律に関しては弁護士が専門家です。借金無料相談などもあります。ただ、注意してほしいのが、地方の弁護士などの対応です。面倒なことをしない(できない?)と言った弁護士の存在も多いですから、インターネットなどで、全国対応の法律事務所などでの対応が期待が持てます。

生活費や支援プランなどの情報も詳しいですから、総合的な相談もできます。自治体の自立支援施設などでも受け入れができる場合があります。生活保護などの受給資格については、決定されるまで時間がかかったり、収入の有無で大きく変わります。簡単に受け止めことができません。ですから、法的な解決を考えるほうが得策です。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>