土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

保証協会の基準

ブラックでもお金を借りることを考えた時に気になってくるのが、保証協会の事ですよね。この保証協会に情報が載っている限り、ブラックでもお金を借りることは難しくなってきます。

では、この保証協会、どういう基準で情報が載ってしまうのでしょうか?保証協会は大雑把に言うと、4つの種類に区分されています。銀行系や信販系、メーカー系などの金融機関が保証協会と情報交換しており、どこに機関でどれくらいの借り入れをしているかなどの債務状況や延滞情報などを保有しています。なので、ブラックでもお金を借りると考えた時にこの保証協会の情報がカギになってくるわけです。

さて、ブラックと言っても2種類あるのをご存知でしょうか?1つは自社ブラックですが、これはその会社だけ借りることが出来なくなっているブラックの状態です。もう1つは完全ブラックですが、こうなるとブラックでもお金を借りることはどこの消費者金融でも出来ません。完全ブラックになってしまうと、協会のデータベースに情報が載ってしまいます。

この情報は「勤務先」「連絡先」「免許証の番号」などですので、他の所で借りようとしてもすぐに分かってしまい、お金は借りれないということになってくるのです。ブラックでもお金を借りることは、とても難しいと言うわけですね。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>