土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

街金とヤミ金の違い

街金って怖いんでしょ?と考える人は少なくないと思います。お金を借りる際に想像するのは、いわゆるヤミ金に手を出して取り立てと追い込みを掛けられて、人生がドンドンどん底に…というイメージがあります。だから、有名じゃない街金だってヤミ金の一種なんでしょ?と思う人はいらっしゃるでしょう。

街金とヤミ金は、基本的に業務形態そのものにはそんなに違いがありません。一番大きな違いは「金融業の届け出をしているかどうか」これに尽きます。つまり、合法に経営しているかそうでないか。それが街金とヤミ金の違いなのです。

貸金業を営む場合は、本来、国や都道府県に貸金業としての登録が必要となります。ヤミ金には、こうした登録を行わないままで経営し、出資法の制限を超える金利を取り立てたり、人権を無視した取り立てを行ったりします。

違法経営ということは、ヤミ金から借りようというあなたを取り立てや犯罪行為から守ることができません。ヤミ金にとって”ルール”は無用なのです。そのため、ヤミ金の業者は取り立てに来て怒鳴ったり暴れたりする他、ひどい時は会社にまで取り立てに来て暴れたりすることも躊躇することなく行います。

また個人情報保護なんてこともしないので、ヤミ金業者間で情報を流されてしまう事が多く、他のヤミ金業者からも「うちからも借入しませんか?」などと誘いの電話などが来て苦痛を覚えることも少なくないでしょう。とはいえ、中には賃貸業の登録をしている街金の中にも、このような法外な行為を行う業者もいます。

もう一つ、街金とヤミ金を分ける要素があるとしたら、金主があげられます。金主というのは金を貸すために必要な資金源をさします。貸金業をする際には、お金を貸すためのお金を用意しないといけないのですが、そのお金を用意するためにどこからお金を調達しているか、ここにも街金とヤミ金の違いがあります。

ヤミ金の場合は、銀行や信用金庫から金を借りることはなく、いわゆる裏社会からお金を出してもらって、そのお金を使って貸金業をしている事が多いといわれています。もちろん違法行為を行っている街金も裏社会から調達しているところもあります。

金主については、はっきりと借りる側からは見えないことが多いのですが、現代ではいろいろな情報がインターネットのサイト上で提供されていますので、それらの情報を参考にするといいでしょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>