土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

借金が有るけど延滞、それも長期延滞している

長期延滞中の人はどうしても収入に対しての支払いが多くなってしまい、その様な事態になります。こういったブラック情報は個人信用情報機関にまとめられて、信用情報機関である金融機関、大手消費者金融から中小の消費者金融会社まで、消費者金融系の全てが分かるようになっています。

但し、そういったコンピューターを導入していない金融業者がまだ居ますし、独自の審査方法を取っていて審査が甘い業者も有りますので、絶対に借りれないという事はありません。そういう形で申し込み者の個人信用情報は共有されているのと、総量規制で銀行や大手の貸金業者では始めから借りれないと思ったほうが良いです。

また、借金借り入れの金額は少額でも、クレジットカードやカードローンなどを一気に何枚も短期間に申し込むと申し込みブラックになります。申し込みする時は期間を開けましょう。

中小消費者金融でも申し込みをすれば、収入を確認するために担当者が電話で職場、勤務先に在籍確認が入ります。これは避けられないです。個人名で電話を掛けるので、勤務先の人にはネットで電化製品を買う時にローンを組むのでカードを作ったと言えば安全です。

どうしてもお金が借りれない時には、役所に行けば国や役所の生活費貸付を行ってくれます。また、年金、国保が払えない自営業者、アルバイト、日雇いの人は、放置していると差し押さえにもなるので、払えない場合は電話して役所に行って、収入は幾ら、毎月の支払いは幾ら、生活費は幾ら、と説明すれば、「債務整理の相談に行って下さい」と言われます。

法テラスに相談して、相談したことを役所の人に伝えると信用してもらえ、月1万円の分割になったりします。放置していても時効にはならないで、その前に口座の差し押さえされるので注意です。生活資金も行きていくための必要経費の対象ですので、不安だったら電話で確認しましょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>