土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

消費者金融審査落ちはブラックリスト?

消費者金融やキャッシングでは、申込時に審査をします。基本情報としては、氏名や住所、勤務先などですが、住まいの状況(貸家、持ち家)だったり、家族構成なども細かいですが、知りたいのは収入の有無や勤続年数などです。どの消費者金融でも20歳以上で収入がある方が対象です。

審査でブラックとは?

ブラックとはブラックリストのことであり、基本情報ではなく、個人信用情報機関の内容です。

個人信用情報機関は、現在国内に3つ存在しています。大きく分けて、消費者金融系、信販系、銀行系の信用情報になっています。それぞれの借入利用状況と返済状況を記録したものです。

そこで、多く借りすぎている、きちんと返していないことがあると異動情報があり、金融事故者になります。その金融事故のことを俗語でブラックと言い、金融事故者をブラックリストと言います。

大きな意味の範囲がありますが、ある消費者金融だったり、金融機関のキャッシング申込をして審査落ちした時には、ブラックリストの表現をすることが多いです。それにしても、審査に関係する俗語に過ぎません。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

大手消費者金融審査落ちがブラックリスト

多重債務者、債務整理者などが大手消費者金融の申込をするとブラックリストになる。キャッシング情報サイトではこのような表現が一般的です。それは金融事故があったり、借入返済トラブルが生じている個人信用情報機関であるという意味です。

中小消費者金融と街金

消費者金融は大手消費者金融ばかりではなく、中小消費者金融や街金もあります。

ここは、ブラックリストでも借りれるとされていて、大手消費者金融審査落ちでも借りれるチャンスがあります。それは大手消費者金融との審査基準の違いはありますが、あくまでも個人信用情報機関の内容のチェックがあります。

また、収入の点でも返済能力があることが条件です。消費者金融で借りられない、それが大手消費者金融だとしたら、中小消費者金融や街金の申込が妥当です。自己破産者でも借りれる口コミがありますが、ここは闇金ではなく超ブラックでも借りれたという審査ファイナンスも紹介されています。

ちなみに、中小消費者金融も街金も全国に散らばって存在はしています。インターネット上のホームページがあれば、その情報も口コミもすぐに調べる事ができ、インターネット申込ができるところもあります。全国対応であれば、来店不要の審査もありますが、大手消費者金融のような即日融資が少ないが現状です。

ブラックリストと超ブラックの違いですが、本人の認識と中小消費者金融の認識のズレもあります。一応情報サイトはよく確認した上で、「借りれそうな」金融業者に行くことをオススメします。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>