土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

多重債務者で大手消費者金融審査落ち 選択は誤らないで

借金返済が困難になった時には、任意整理や自己破産などの債務整理をしましょう。弁護士や法律事務所などの宣伝のようですが、決してそんなことはありません。しかし、債務整理をするとブラックリストになります。それが嫌で、債務整理をしない方も多いです。

債務整理をした方が良い

多重債務者などは、借入先を求めて気がつけば返済がとても大変になっている場合があります。その時に、まだ借りれるからとカードローンを増やしていくパターンですが、大手消費者金融も審査落ちになることでしょう。

そのとき、返済ができないのであれば、間違いなく債務整理でしょう。ブラックリストになるのが嫌ですが、返済ができないほど、大手消費者金融で審査に通らない事実そのものがブラックリストになってしまっている可能性が高いです。

債務整理もしていないのにブラックリスト?

ちなみに、ブラックリストの言い方は俗語であり正式なものではありません。言葉を変えるのなら、個人信用情報機関上で金融事故がある方、異動情報という借入や返済ができないと判断された方をブラックリストと言います。

ですから、大手消費者金融審査落ちの段階で、なにかの原因でブラックリストであるということです。債務整理もしていないのに、です。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

どうしても借りたい

そんな時には、大手消費者金融以外の中小消費者金融や街金の審査が甘いとされています。

ブラックリストでも借りれることで評判ですが、多重債務者の場合は、少額の借入しかできません。多重債務者の残債が大手消費者金融と同じ総量規制に設定されている中小消費者金融では、返済リスクを回避するため、年収3分の一範囲内でしか貸さないです。

そこで、多重債務者では借りれたとしても数万円です。返済能力と収入があれば相談に乗ってくれるのですが、実際の審査ではどうなるかわからないです。超ブラックでも借りれたとしても、すぐに返せないのなら、最悪の事態が待っています。

中小消費者金融での返せない事実

ブラックリストのキャッシングでは、最初から返せない選択はないです。大手消費者金融と違い、取り立てなども厳しいとされていて、中小消費者金融にしてみれば、ブラックリストなのに貸したという事実がつきまといます。

そこで、やはり返せませんでしたという場合は、会ってはならないこと。多重債務者も返せない借金申込は、中小消費者金融では絶対にしないことです。

だから債務整理

大手消費者金融審査落ちの時にすでに多重債務者の場合は、ブラックリストになっているので、今さらブラックリスト回避の債務整理拒否は無駄です。そして、超ブラック対応の中小消費者金融で借りたとしても、返済ができないのでは、こちらも無駄です。

ですから、大手消費者金融審査落ちの時点で、債務整理の選択をしましょう。少なくとも大手消費者金融で借りられない時点では、それ以上の債務を抱えることはオススメしません。多重債務者の場合は、債務整理が妥当です。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>