土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

キャッシング審査に通らない…どうしたらいい?

キャッシングの審査に通らないという大きな要因として属性が低いことがあげられます。属性というのは一人一人の信用度と考えていいでしょう。良くも悪くも、一人一人は属性の高低というようにランク付けされているのです。

もっとも、これはお金を借りている人融資を受けている人、さらにはクレジットカードを作っている人についての属性です。クレジットカードを持っていない人や、借金をしていない人は一般論として、属性が低い高いというように言われることがあります。

お金が欲しい、あるいはどうしても必要だというときはどうしたらいいでしょうか。お金の貸し借りとなると少額でしたら、友人や知人あるいは身内を頼ったらいいでしょう。利息なしで貸してくれることが多いですから、例えば1万円借りたとしたら利息を付けずに1万円を返したらいいのです。しかし、利息は要らなくても、何か包んで渡すなどということをした場合は、利息以上に、お金がかかってしまうこともあるかもしれません。

また、銀行からお金を借りようとする場合、意外と銀行はお金を貸してくれないということに気がつくはずです。普通に働く正社員であって他社借入がないという場合でしたら、それほど苦労せずに銀行からお金を借りることができるかもしれません。

それでは、どうしてキャッシング審査に通らないということが起こるのでしょうか。

属性が低くなっているので審査に通らない

まずは属性について考えてみましょう。属性というのは常に流動していますから、その人その人について固定の評価ではないということです。属性の定義ですが、お金の借りやすさと考えたらわかりやすいでしょうか。信用度が高いと考えてもいいでしょう。

その人のステータス性とはちょっと考え方が違いますが、返済能力が高いというように考えてもいいと思います。要は銀行などの金融機関、さらには消費者金融会社などの貸金業者から見てお金を貸しても、返済能力が高くこの人に貸したら間違いなく返してくれる人ということになります。

属性というのは返済能力の高さが根本的な要因となります。ですから、正社員とパートアルバイトを比べると安定した収入と収入の高さから、正社員のほうが属性は高いということになります。正社員の中でも、勤続年数が20年の人と勤続年数が3年の人では、勤続年数が20年の人のほうが属性は高いということになるのです。

そして、持ち家に住んでいる人と、賃貸に住んでいる人では持ち家に住んでいる人のほうが属性が高いということになります。それでは、正社員で賃貸に住んでいる人と、パートアルバイトで持ち家に住んでいる人でしたら、どちらが属性が高いのかというとやはり正社員のほうが属性が高いのです。

属性を形作る項目は、たくさんあるのですがどれも同ランクというわけではありません。また、借入件数が多い人は属性が低くなります。これはお金に困っているのではと思われがちで、多重債務者となると、借金の返済に借金を繰り返しているのではないかということで、属性が低くなるのです。

しかし、借金をしているからといって属性が低いとは限りません。まったく借金をしない人はお金を借りて返済したという実績がないので、お金を貸してもきちんと返済してくれるのかどうかがわからないのです。ですが、借金をしてもそれをきちんと返済している人は総じて属性が高くなるのです。

それでも借りすぎると反対に、属性が低くなるのは多重債務の人の属性が低く、審査落ちをすることからもわかります。

属性は固定ではなく変動する

属性が高いと融資を受けやすく低いと融資を受けにくいのですが、この属性というのは固定されたものではありません。常に変動しているのです。たとえば正社員の人の属性は高くなるのですが、失業して無職になってしまうと途端に属性が低くなるのです。

属性は、その人の現在の状況を判定するものですから考えてみると当然といえるでしょう。そのままだったら常に属性が上がっていくのは勤続年数です。これは時の経過によるものです。一つの会社に正社員でいる以上、なにもしなくても属性は上がっていきます。

これは居住年数でもそうです。一つのところに長く住むほど属性は高くなります。もっとも項目によって属性の高さは変わってきます。やはり勤務形態が、一番大きく属性を左右するものとなるのです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

銀行と消費者金融会社ではどっちで借りる?

借りるということを前提で考えると、やはり銀行で借りたほうがいいでしょう。金利が低いので金利手数料が変わってきます。

一見したところでは、銀行と消費者金融会社の金利はそれほど大差がないように見えます。これが1%でも違うと、かなり大きな差となるのです。0.1%違うだけでも違います。融資金額の大きさや、返済期間の長さなどによっても変わってくるのです。

融資を受けるということは、返済しなくてはいけません。それを第一に考えると、金利の低い銀行カードローンが消費者金融会社のカードローンよりも、支払いのしやすさという面では、最優先したいところです。

しかし、いっぽうで銀行カードローンの審査は厳しいのは、周知の通りです。いっぽうで消費者金融会社のカードローンは、銀行に比べて審査が甘いのです。なんとなくわかるような気もしますが、それにはちゃんとした理由があるのです。

それは銀行と、消費者金融会社の業務内容の違いです。銀行は預金者から低金利でお金を預かります。そして、それよりも高い金利でお金を貸し出すのです。その金利差が銀行の収益となるのです。いっぽうで消費者金融カードローンは、お金を預かるのではなく貸すのみとなります。そのため、金利を高く設定するのです。

これだけを見ると、銀行の金利の低さの理由にはならないような感じがしますが、銀行は預金者の大切なお金を預かって、それを保証しなくてはいけません。ですから、そのお金を原資として貸し出すのですから、貸し倒れや焦げ付きがあってはいけないのです。それだけ融資をする際の審査は慎重に行われ、消費者金融会社の融資における審査よりも、審査基準が厳しくなるのです。

差額ということで銀行の収益は低くなるのでは?と思えるのですが、銀行は預金者から集めたお金を、集中的に運用して収益をあげています。ですから、金利手数料の差額と資金運用が銀行の収益の大きな柱となるのです。預金で集めたお金ということで金利を低く設定できるのは、そういった銀行の収益構造によるところが大きいということですね。

いっぽうの消費者金融会社はどうでしょうか。貸金業者といわれているだけに、お金を貸すことによる金利手数料で収益をあげています。逆に考えればそれだけが唯一の収益源ですから、審査基準を甘くしてどんどん貸し出さなければいけないのです。銀行と消費者金融会社には、それぞれの思惑というか事情があるということですね。

審査基準と属性の関係

属性はある程度、銀行や消費者金融会社の独自審査によって判定されます。また、もう一つ信用情報機関に照会することで、融資の申し込み者の与信情報などを得ます。それも、融資の審査に大きな影響を及ぼしているのです。

信用情報機関から得られる情報は債務の合計であったり、お金の貸し借りといった、その人のお金の流れや返済状況なども逐一わかるようになっています。また滞納などの情報も、しっかりと記録されているので返済状況がわかるようになっているのです。それも審査の中で大きなウエイトを占めているのはいうまでもありません。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

それでもなんとかキャッシング審査をパスしたい

なんとかしてお金を借りたいという人も多いことでしょう。まずは時間に余裕があるのでしたら、少しでも収入の高いところで働くことです。

収入が低いから、借入をしなくてはいけない状況になるのですから、パートでもアルバイトでも、少しでも時給の高いところで働くようにしましょう。収入が増えることで、融資の申し込みをしても審査に通る可能性が高くなります。また、収入があがることで、新たな借入をしなくてもいいメリットもでてくるのです。

個人信用情報機関では、借入件数や債務残高というものを逐次把握しています。新たな借入をせずに返済を続けていけば、債務残高も当然減っていきますから、その分属性が高くなっていくのです。

苦しいからお金を借りたいというのではなく、苦しいときにしっかりと働いて、収入をあげることを目指さなければいけません。時間の経過とともに上がる属性もあるので、借り入れをしなくてもいいように、あるいはお金が必要でも現在あるお金でなんとかやりくりする努力も必要です。

消費者金融会社の中でも、中小消費者金融会社の中では、属性が低くても貸してくれる消費者金融会社もあります。さらには小規模の街金と呼ばれる消費者金融会社では、さらに融資を受ける可能性は高くなるのです。

中小消費者金融会社のローンは、使い勝手が悪いのでは?という人もいるかもしれません。しかし、大手消費者金融会社と変わらないようなカードローンの仕組みを作っているところもあるのです。

具体的にはローンカードを発行して、全国の銀行ATMや銀行ATMが利用できるようにしている消費者金融会社もあります。大手に匹敵するくらいの、システムを構築している中小消費者金融会社もあるのです。

また、その中でも規模の小さい消費者金融会社となると、在籍確認が取れれば審査にパスといった、簡単な審査でお金を貸してくれるところもあります。滞納情報などが信用情報機関に記録されていても、不問として貸してくれる消費者金融会社もあります。

おまとめローンという方法もある

大手消費者金融会社ではキャッシング審査に通らないとなると、次に目指すは中小消費者金融会社からの融資です。探せば、事故情報があっても貸してくれる消費者金融会社もあります。多重債務となっていても、おまとめローンを用意している中小消費者金融会社もあります。

消費者金融会社のデメリットとして総量規制があります。これは年収の3分の1までしか借りることができないというものです。銀行にはこの総量規制は適用されないので、消費者金融会社のみの規制ということになります。

そうなるとますます。お金を借りることはできないのでは?と思いがちですが、おまとめローンは総量規制の対象外です。総量規制で年収の3分の1までしか借りることができないので、それを完済できるような、おまとめローンを探すようにしましょう。

借入額の総額以上のおまとめローンの融資額にならなければいけないので、中小消費者金融会社の中でも、そこまで融資を受けることのできる、おまとめローンを用意しているところがあるのかが鍵になりそうです。

街金のほうが融資を受けやすいのですが、50万円までといった融資限度額が多いので、多重債務のおまとめローンには対応できないでしょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

貸してくれるところを口コミなどで探す

銀行や大手消費者金融会社などからの融資が期待できない場合は、中小消費者金融会社や街金などに融資の申し込みをしてみましょう。中小消費者金融会社でも、大手並の規模のところもあります。

借入件数が多いと、そのような比較的規模も大きな中小消費者金融会社の審査も通らない可能性があります。個人信用情報機関に加盟していれば、照会情報で多重債務などの情報が共有されています。よって、そのあたりをどう判断するかによります。

最近の中小消費者金融会社でも、二極化の傾向にあるようですから、規模の比較的大きな消費者金融会社では、審査に通るのは難しいかもしれません。申込者の多くは、多重債務あるいは複数の借入れがある人が多いですから、貸す側としても慎重になります。

しかし、きちんと返済して滞納がない人であれば、中小消費者金融会社からの借入れは可能でしょう。銀行ローンなどで、借入金額が多い人は債務合計も多くなっているでしょうから、それで、おまとめローンにするのは難しいかもしれません。

大きな債務のある銀行や、消費者金融会社のカードローンは、この際おまとめローンに組み入れずに、個別に返済していったほうがいいでしょう。多重債務者となると、何かと審査が通りにくいのですが、ネットの口コミなどを見ると審査に通ったという情報がかなりの数あります。

金融業者にとっては、お金を貸して返済してくれることで収益をあげているのですから、貸したくてしょうがないはずです。そのような消費者金融会社を、ネットを利用して探すとよいでしょう。

また、申し込みばかりして申し込みブラックになっていたり、正真正銘のブラックになっている人もいるかもしれません。しかし、信用情報記録開示書などを請求することができます。多少の手数料が取られますが、信用情報機関に請求して自分の信用情報をチェックするのもいいでしょう。ブラックになっていない可能性もあります。請求には本人確認書類が必要ですが、それほど難しい手続きがなくても、本人でしたらいつでも情報開示請求ができるのです。

返済能力が大事

ブラックの人でも、返済能力があれば融資をしてくれるところがあります。特に信用情報機関に加盟していない一部の中小消費者金融会社、あるいは街金では、独自審査のみで融資をしてくれるので、審査に通りやすいといえるでしょう。

街金はとくに、ネットなどの情報が口コミなどに限られていることが多いので、ネットの口コミなどを参考にして、所在を確認して申し込むようにしましょう。ネットにサイトを開設していませんから、電話での連絡になりますが、基本はお店に伺っての申し込みとなります。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

最善の方法を考える

新しく融資を受けようと思ったら、街金などの規模の小さい消費者金融会社でしたら、借りることはできるでしょう。金利は高めになります。ここでは、利息制限法の上限の20%は覚悟しなくてはいけないでしょう。

その代わり、ネットの口コミなどを参考にすると、債務整理中のブラックでも借りる事ができると言うくらいですから、審査は甘いと考えていいでしょう。念のために、収入証明書などの書類は用意しておいたほうがいいと思います。他社借り入れが多くて借金の返済のために借金をするのでしたら、結局は、事態の先延ばしになるのでおすすめはできません。

それでは他に策は無いのかというと、現在利用しているカードローンを、最大限に利用するという方法もあります。というのも、利用限度額の枠を増枠するのです。

100万円借りていて、それが上限の利用額でしたら、さらに増枠申請をしてみましょう。新しく融資の申し込みをするよりも、実績があるので審査に通りやすいです。これも新たな借り入れですから、事態が好転するわけではありません。

しかし、どうしてもお金が必要というときに、新たな借り入れ先を探すよりも、今利用しているカードローンの増枠申請をしたほうが、返済のしやすさ。あるいは、審査の通りやすさを考えると最善の策と言えるでしょう。

一つ気をつけたいのは、そのカードローンでたびたび滞納などの延滞を繰り返していると、増枠申請の審査にも通らない可能性があるので、その点に注意する必要があります。

それ以上借りないためにお金を作る

家にある不用になったものを、買取ってもらう方法があります。リサイクルショップなどを活用してもいいでしょう。これはお金になるかも…というのはネットオークションに出品すると、競り上がって思わぬ金額になる場合もあります。

このように、少しでもお金を作る努力をすることと収入を上げるために、転職するなども考えてみましょう。一時的に属性が低くなりますが、現状でもすでにキャッシング審査に通らないのですから、そうなると収入を上げる道を考えるしか方法はないのです。

どうにもできなくなれば、自己破産や債務整理という手段を選択しなければなりません。全くお金がないということになれば、自己破産しか道がなくなります。自己破産の場合は財産まで没収されることになるので、残るのは生活に必要な最小限のものになります。その点もしっかりと考えておいたほうがいいでしょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>