土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックキャッシングの中小消費者金融について

キャッシングでもカードローンでも、審査に通らない時にブラックという表現を使用することがあります。これはいわゆるブラックリストのことですが、その金融会社の審査基準に適合しない時に、審査落ち=ブラックという意味です。

それぞれ審査基準が違う業者がありますので、ブラックリストになった時には金融業者を選択することで借りれる場合があります。

中小消費者金融情報サイト

そこで役立つのが、中小消費者金融情報を集めたサイトです。現在、大手消費者金融とは違うネームバリューはないけれど、ブラックでもキャッシングができるとされる中小消費者金融、街金などの情報サイトがあります。

カードローン審査に落ちた、大手消費者金融の審査には通りそうもない。債務整理後で、いわゆるブラックリストだと自覚のある方でも借りれる可能性を見出すことができる情報サイトです。そこでは、正規の中小消費者金融と闇金との違いだったり、実際に借りれたというブラック利用者の声を確認することができます。

情報サイトは豊富に点在していて、ピンポイントである中小消費者金融の内容を説明したり、人気のある中小消費者金融も確認することができます。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

人気のある中小消費者金融とは?

これはいくつか要素があり、中小消費者金融だけどカードローンの借り方ができる。インターネット申込で全国から申込ができる。審査の甘さが極限的に低い、スタッフ対応が良いなどです。

そして、この中小消費者金融の情報サイトの最大のメリットは、そこから闇金ではない金融業者であることがわかることです。

ブラックリストでも借りれる点においては、その存在だけで怪しい金融業者である可能性が高いです。中小消費者金融の法律は貸金業法ですが、そこに抵触しない審査なのか、安全な借り貸しができるかなどを確認することができます。

全国の主要な中小消費者金融で、ホームページ開設していて、人気があるところでは、情報の数も豊富です。ただ、気をつけたい事として、昔の情報がそのまま記載していることがあり、常に最新情報の確認をしてください。

最後は自己責任で

大手消費者金融、銀行カードローンのようにネームバリューはありません。情報が多いだけですが、ブラックリストでも借りれる保証も100%ではありません。

また、借りれたとしても、審査内容だけではなく、キャッシングの内容などではすべて自己責任での判断が必要です。借りたあとの取り立てや、スタッフ対応などについての自己責任での申込が絶対です。

口コミの多くは、簡単な内容紹介であり具体的なものは少ないです。最低限のブラックの返せる要因があることが必要ですが、正規の消費者金融会社の確認だけど怠ってならないことです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

3件の多重債務者でも借りれる中小消費者金融

キャッシング審査では、それぞれの金融業者の審査基準に照らし合わせることで、借りれるかどうかが決まります。

大手消費者金融や銀行カードローンでは、金融事故があると借入ができません。いわゆる、ブラックのキャッシングは審査落ちになっています。

ブラックリストになってしまったら?

金融事故と言っても種類があります。大手消費者金融で審査落ちで、他の審査基準で借りれるブラックと言えば、借入件数が少ない、債務整理者などです。審査基準の借入件数が大手消費者金融では、最大で3件です。中小消費者金融になると4件程度になります。

借入金額の限度額は、大手消費者金融も中小消費者金融も同じ総量規制で年収3分の一です。この範囲内での3件、4件という多重債務では、中小消費者金融であと1件借りれるとの判断ができます。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ここが違う審査基準

大手消費者金融3件100万円の多重債務者は、他の大手消費者金融でのキャッシングは絶対にできません。ところが、中小消費者金融ではこの時に総量規制で余裕があると、4件目の申込でも借りれる場合があります。

ブラックリストは大手消費者金融審査落ちだからですが、中小消費者金融ではそれでも借りれる余裕があることになります。こうした違いが中小消費者金融の審査基準ですが、あくまでも返済ができると審査されることがポイントになります。

総量規制範囲内というのは、個人信用情報機関の内容ですが、収入が安定している。中小消費者金融の借入だけではなく、全体の多重債務分の返済が可能であるなどの審査があります。一応、多重債務ブラックでも借りれる可能性が存在しています。

甘い審査で借りる

中小消費者金融の多くはブラック申込者を受け入れしています。大手消費者金融と審査基準は競合していないことで棲み分けができています。金融事故の内容で、まだ借りれる、まだ返せるというのが大きなポイントです。

債務整理者でも審査対象になるのですが、審査基準のラインは、大手消費者金融ほど厳しくないのが特徴です。もし、ブラックリストになってしまった場合でも借りれる中小消費者金融の存在がクローズアップされています。

審査では、書類だけではなく直接本人からの話しを聞く機会があります。電話や来店審査などで、貸金についての担当者からの説明や質問が存在しています。この回答によっても借りれるかどうの審査になりますので、態度が悪いだけで中小消費者金融でも借入ができないことがあります。

また、借入動機がイマイチで審査に通らない、ヒドい信用情報内容でも本人の強い意思で借りれたとの口コミもあります。ブラックでも借りれることがある中小消費者金融の審査では、個別の話し合いになりますので、審査内容は画一的ではないようです。口コミにばらつきがあるのもそのためです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

中小消費者金融なら多重債務者でも借りれる

普通ブラックリストというと、債務整理者を指すことが多いです。自己破産や任意整理をしたからブラックリストになってしまった。

5年以上の借入ができないだけではなく、クレジットカードも作れないし自動車ローンも組めません。それがブラックリストであり、金融事故として重大な内容です。この時に、任意整理、個人再生、自己破産でも同等のブラックリストになります。

甘い審査の中小消費者金融

中小消費者金融では、ブラックでも債務整理者の場合は内容を確認します。任意整理と個人再生では返済を伴うもので、完済したのなら完結です。

しかし、自己破産では免責が下りれば、すべて借金がゼロになります。この債務整理の目的は、残債の減額とゼロになることです。金融事故の原因としては、借入契約を違反したことになります。

返せると言いながら、返せなかったことの罰です。これが、延滞しているとは全く違います。債務整理者は、契約違反によりブラックリストになります。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

中小消費者金融の判断

ブラックの原因が債務整理では、あなたは返済できない過去がある。

しかし、延滞遅滞でそのままにするのではなく、法的な手続きをすることで解決している。そのことを評価してくれます。

そして、中小消費者金融の申込の時に、返済ができるだけの収入だったり、個人信用情報機関になっています。その返せる範囲内になっていることで借りれる可能性があります。それがブラックでも借りれる審査になります。

融資額は少なかったり、審査の時にしつこく質問などもあります。貸金業者としては、過去に債務整理をしていることはリセットしています。それで、これからはきちんと返済ができる。その判断が、債務整理のブラックでも借りれるキャッシングになります。

多重債務者よりも借りやすい?

多重債務者でも総量規制範囲内での少額キャッシングができる人はいます。債務整理をした後では、金融事故はありますが、総量規制の余裕は多いでしょう。その上自己破産では残債がゼロです。その総量規制余裕がより、借りやすい環境になっています。

ブラックリストでは債務整理5年間の借入ができないと言いますが、中小消費者金融では1年程度でキャッシングができます。ここの点でも審査基準が甘いですが、任意整理中、個人再生中の借入ができる場合があります。これも返済能力があり、総量規制に余裕があるからです。

中小消費者金融の審査では、総量規制の余裕と返済能力。そのためには、去年の債務整理実施もそんなに影響がないと言われています。中小消費者金融や街金の審査では、債務整理者に対しても借りれる場合が多いです。無理して多重債務でどうしようと思っているより、債務整理してしまってからの中小消費者金融の申込が借りれるかもしれません。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックリストのクレジットカード利用法

クレジットカードにも審査基準の違いがあります。甘い審査とされるのがオリコです。また、アメックスも審査が比較的甘いとされています。国内のクレジットカードの中でも審査の差があります。

ただし、クレジットカードの審査では、金融事故やブラックになると難しいとされています。

キャッシングだけではない

クレジットカード会社、大手消費者金融などではネームバリューがあります。どこも誰もが知っていることもあり、保証会社が最終的な審査をします。自動車ローンや銀行カードローンも同様です。

そして、最近ではその保証会社が大手消費者金融だったりします。この時点で、甘い審査とは言え、ブラックの契約がないことがわかります。もともと審査基準が高いクレジットカードですが、ブラックの借入が難しいことがわかります。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

2つのクレジットカード

ただし、キャッシングができないことを条件にして、アコムマスターカードとアメックスだけは特別でしょう。

アコムマスターカードは、大手消費者金融アコムが発行しています。保証会社がアコムであり、最初からハードルが低いクレジットカードとして知られています。

アメックスは、アメリカン・エキスプレス・カードで、審査基準で国内標準ではありません。ブラックリストでも高い収入や属性が高ければ、作ることができます。キャッシングは出来ないクレジットカードであり、年会費も高いです。この2つのクレジットカードだけは、ブラックになった時には検討ができます。

クレジットカードではキャッシングができないすでに大手消費者金融カードローンも中小消費者金融も借入をしてしまっている。

延滞遅滞はない時点での信用情報的には良い内容ではないのですが、クレジットカードのショッピング枠の利用が現金を手にすることができます。あまりおすすめできないのですが、最終的に現金ほしい。これで、多重債務の1つでも完済ができるのなら検討しても良いでしょう。

クレジットカードの最後の頼み

ショッピング枠が使えるのなら、ギフト券を購入して買取業者に持っていく方法です。この時にクレジットカードのショッピング枠を直接現金化しないことです。必ず商品購入をした後に、買取のコースです。この方法は、信用情報機関ではキャッシングには影響がありません。

金融業者がどうしても使えない。中小消費者金融の審査落ちだったり、債務整理もどうしてもしたくない方に検討ができます。甘い審査基準のクレジットカードもあります。返済では通常のクレジットカードのものと、買取業者では10%程度の手数料が取られます。

キャッシング同様の金利計算ですが、それで助かる方もいます。クレジットカードの利用でキャッシングの真似事ができます。ただ、あまり強くおすすめはできないのですが、完済寸前のキャッシングなどには使えます。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

貸金業者はきちんと調べてから

キャッシングの情報サイトには、ブラックでも借りれる金融業者の紹介があります。中小消費者金融、中堅消費者金融、街金などです。

ホームページでは、他社で断られた方でもご相談くださいとあります。ブラックリストでも借りれるとはありませんが、審査基準が甘いことを匂わせています。

街金アニキ

街金アニキとは、中小消費者金融の紹介をしているサイトです。中小消費者金融でもネームバリューがある人気の数社紹介をしています。

ここでは、すべて正規の金融業者であり、闇金業者ではないことが証明されています。そして、金融会社ではその事実がとても大切です。ブラックリストでも借りれるというのは柔軟審査であり、返済能力の審査に通れば借りれるかもしれないということが理解できます。

街金アニキのような情報サイトは多いですが、どこも同じ中小消費者金融の紹介をしています。そのことも大切なことです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

簡単に貸金業者にはなれない

正規の金融会社であるのは貸金業法を守って、申込者のことを考えたキャッシングをしています。

ブラックの申込ではリスクもあります。利息制限法も守った、総量規制範囲内のキャッシングしかしていないようです。それが、ホームページだけではわからないので、街金アニキのような情報サイトでの紹介が不可欠です。

全国対応のところではインターネット申込ができますし、地域限定のところでは、来店審査などでそれぞれが独自の審査で借入の可能性を紹介しています。共通しているのは、収入がなければならないことと、信用情報で延滞遅滞がないことです。

ブラックキャッシングの基本

どんな信用情報でも借りることができる。この金融業者は絶対に闇金です。中小消費者金融、街金では審査をしていますが、返済能力として、安定した収入があることを基本としています。そのため1万円の借入でも収入証明書が必要です。

甘い審査ですが、電話などで直接事情を聞かれたり、提出書類がとても多いです。その書類がないと借入ができない場合もあります。

中小消費者金融としては、貸金業者として最低限の審査基準としていますが、返済が確実でなければ貸さないのは当然です。ですから、正社員などの定期的な収入が続く方などが有利です。多重債務者より、債務整理者の借入が良いのも返済金額が低いことが理由です。

返済能力があるブラックだけが中小消費者金融での審査に通る。これが、現在のブラックキャッシングになっています。情報サイトで闇金ではないことを確認の上、審査を受けてみてください。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>