土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

クレジットカードと消費者金融のキャッシング審査


お金を借りようと消費者金融に申し込み、ここまでは良いのですが、何故か審査に落ちる。その原因として、多重債務や延滞、ブラックリストなのではないですか?といろいろ原因は考えられます。

しかし、そうではないと断言できる場合があります。それは、これが初めての消費者金融だから。なんて言う方でも、既にクレジットカードを持っている場合、いやいや消費者金融は初めてかもしれないけれど、既にキャッシングはしているでしょう?それが原因なのです。

消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠は、同じ総量規制内での借入になります。クレジットカードのキャッシングは、あくまで付属的な存在ですが、キャッシングは総量規制と関係します。

審査で言うと、クレジットカードのキャッシングと消費者金融は同等です。ですから、既にクレジットカードで借入がある場合、消費者金融での審査に落ちる事もあります。もちろん全ての方がそうではないのですが、総量規制との関係です。

では、クレジットカードの本来の使い方として、買い物をたくさんしている場合はどうでしょうか?キャッシングの総量規制とは別物ですが、これも収入に見合わない高い買い物が続いている方の場合、消費者金融の審査は通らないことがあります。できれば、ショッピング完済をしてから、スッキリと消費者金融に申し込みをすることで審査の通りは変わってきます。

この場合の消費者金融の審査落ちは、ブラックリストでしょうか?厳密に言うと、ブラックリストです。現在負債が多いのに、無理に申し込みをしているのですから。しかし、延滞もしていないし、完済をした地点で、現在のブラックリストはなくなります。

ただ注意したいのは、この時にたくさんの申し込みをしてしまうことです。これは別の意味のブラックリストであり、申込しすぎで印象が悪くなってしまいます。とりあえず、初めての消費者金融での審査落ちで、消費者金融のトラブルではない場合、一回の申込であとは我慢です。

でも、クレジットカードの支払いができないから、という場合は、審査の甘い中小消費者金融に行ってみるのも良いのです。しかし、この場合のブラックリストは、本来のものとは違うから、中小消費者金融にいかないことで、これからの大手消費者金融ライフを楽しめるのです。

ここでは、我慢してほしいけれど、できませんか?中小消費者金融に行ってしまうと、本当に大手消費者金融では何年間か申込ができなくなってしまうかも?

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

消費者金融ではなく銀行で借りられる?


金融機関の申込で審査が通らない場合、その金融機関ではブラックリスト扱いになります。

ただ、それぞれの審査基準が違いますから、銀行はNGでも消費者金融はOKと言うように、ある一箇所がダメでも毛色の違う金融機関の申込で借り入れができることは良くあることです。そして、一般的には、銀行が厳しい、消費者金融の方が甘いと言われています。

銀行と消費者金融は貸金の法律が違います。消費者金融は総量規制と言って年収の3分の一までの限度額になります。300万円の年収なら100万円と規定されています。これは多重債務でも適用される厳しいものです。

ところが、銀行はその限りではないのです。良い例が、住宅ローンやカーローンです。総量規制の範囲内ではなく、多額の借入ができますが、ここまでの金額はないのですが、キャッシングでも総量規制は無関係です。これは審査基準が違うからで、どのくらい限度額にするかは、審査内容から銀行が決めることができます。

カードローンの範囲内であれば、銀行の判断次第ということです。それで、銀行の方は審査が厳しいのですが、反対に判断がうまく行けば、総量規制以上の借り入れができます。

また、別の物としてクレジットカードがあります。金融機関ではないのですが、低金利でのショッピングを楽しめたり、おまけ程度のキャッシング枠がついている場合があります。

消費者金融や銀行でキャッシングの申込をすると、このクレジットカードの利用分も勘案されることになりますが、注目は銀行です。総量規制以上の借入ができるということですが、クレジットカードの審査で借入なりショッピングの分のまとめローンなどの申し込みができる場合があります。

例えば、クレジットカードで30万円のショッピングの支払いが残っているとします。それも数枚としておきましょう。そんな形で、銀行や消費者金融での申込で審査落ちになってしまう場合は多いです。キャッシングではないのですが、返済能力が疑われるからです。

しかし、銀行まとめローンでは、その支払いをするためのキャッシングとして借り入れができる事があるということです。甘いはずの消費者金融では審査落ちだけど銀行でOKという逆転現象です。意外なようですが、こんな借り方もありますから、是非チャレンジしてみてください。

一つだけ有利なものとしては、年収が高いか、公務員などの安定した仕事をしていること。過去の金融事故が10年未満の間にないことです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

審査の甘さと個人信用情報機関の存在


大手消費者金融の審査に落ちた方は、審査が甘い消費者金融などを探す方が多いでしょう。

そこで、信頼できる中小消費者金融などを紹介しているサイトで“街金アニキ”があります。ここでインターネットで話題に出る街金や中小消費者金融などの紹介をしていますが、闇金と正規消費者金融の違いがわかります。ここは大丈夫という金融機関を探すことができますから、安心して選択することができます。

金貸し屋とか街金というと、怖いイメージもありますが、決してそんな事は無く、金融機関の部類で言うと、小規模消費者金融です。内容としては、正規の金融機関で、審査が甘く借りやすいのです。昔気質の感じはありますが、大手消費者金融審査落ちの方にとっては、有り難い存在です。

現在、中小消費者金融と言っても申込はインターネットでできます。契約書や提出書類が多い、カードローンではなく、融資申し込みで振り込みが主流ですが、それでもインターネットでの完結ができるところもあります。

審査が甘いということは、事故情報がある方でも借りられるということが多いです。その種類は豊富ですが、審査に通らない事もその一つです。それだけではなく、延滞や債務整理などの状態でも判断されるのですが、クレジットカードなどの関係することがあります。ただ、クレジットカードは、個人信用情報機関が変わることで、審査対象にならない事があります。

例えば、その機関が別のところに登録していると、審査上では全く事故がない方で審査がスルスルと通るのです。これが、審査の甘い中小消費者金融だけではなく、銀行などでも通用することがあります。

試しに申し込身をしてみることと言いたいところですが、正直行って審査落ちの覚悟を持ってやってみてください。絶対とは言い切れないことですから。

中小消費者金融、大手消費者金融などと銀行の個人信用情報機関で情報共有していない、それにクレジットカードの保証会社が別物ですと、金融事故のはずが借りられた、ということになります。

全てのおかしな現象の条件としては、安定した収入があることと、総量規制限度内の借入、延滞はなしということです。これが揃っている場合の申込については、奇跡が起こってしまう事もあるらしいのです。

消費者金融がダメで、銀行がOKということはない話なのですが、信用機関が違うことで、借りられたという報告はあるのです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

中小消費者金融の審査を受けてみたいだけ?


中小消費者金融の審査では、他の消費者金融で審査落ちした方も借入ができることがあります。

“審査 甘い”“審査 ゆるい”“ブラック OK”というワードで検索されるところでは、事故情報ありの方でも借入ができるとされています。なんとなく大手消費者金融との差が大きくなっていき、大手がダメなら中小消費者金融にいってみな、という流れになっています。また、そうした現象があるからこそ、中小消費者金融は営業展開ができているともいえます。

どんな理由でも、大手消費者金融の審査でダメだった方こそ、中小消費者金融の利用をすることになります。このような中小消費者金融の情報については、さまざまなサイトで紹介をしています。

基本的には、WEB申込の全国対応の金融会社が多いです。この場合、サイトを見ている方が借りることもできます。もっとすごいブラックでもOKの街金クラスになると、一覧として、電話番号と住所が記載されています。ホームページがない場合が多い街金ですが、借りやすい金融業者として紹介されています。

はたして、そこまでしてお金を借りたいか。中小消費者金融のところを捜していると、そんなことを考えることもあるらしいです。できれば、まあいいかと諦めてほしいのですが、審査の甘い消費者金融に申込をすると、審査に通るかどうかやってみたいという欲求が出てくる場合もあります。

お金を借りたいから、審査に通りたいに変わっていることもあります。当然必要なお金ですが、どうしてもなんとかして借りたいより審査に通りたいと頑張ってしまうことがあるようです。

ゲームではないのですが、審査に通ってしまったら、来月からの返済が増加してしまう、場合によっては、今よりも返済が大変になることもあります。大手消費者金融の審査落ちになって余裕がある方はいないかもしれませんが、中小消費者金融の融資を受けたい方の場合、返済ができるだけの余裕がある方飲みの申込がオススメです。

ギリギリの状態での街金などの利用は、すぐに債務整理になってしまう場合も少なくないです。審査に通るかどうなんて問題ではなくも、返済ができない可能性のある方は、中小消費者金融は受けるのは間違った選択なのですが。

最も返済能力ができないと判断された場合は、中小消費者金融でも審査落ちになるのですが。本人としては、必死で審査に通りたいところです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

問題は返済能力!全ての審査の要


延滞なんてしていないけれど、消費者金融の審査に落ちる。では、多重債務はどうですか?2社以上、同時に借入をしている方は、多重債務と呼びます。これは、全てが消費者金融だけではなく、クレジットカードや銀行カードローンも入れることがあります。

全てキャッシングやショッピングです。そして、カーローン、住宅ローンなども多重債務になります。しかし、実際に審査されるのは、せいぜいクレジットカードまでですが、保証会社がかぶらないことで、クレジットカードの情報は審査対象にならないケースもあります。

しかし、この部分は時の運です。多重債務として、たくさんの借入やショッピングをしている方は、審査が通らない場合が多いと思ったほうが良いでしょう。

審査は返済能力を確認するため、個人信用情報機関などを参考にします。国内に3つの団体があり、どこにどの金融業者が登録をしているか、明記されている事もあります。審査で全てを確認しないと、審査に外れた場合、ブラックなのに借りられる事もありなのです。

ところが、借入を始めたけれど、返済ができない状態になれば、早かれ遅かれ、延滞になるとブラックリストなのですが。

大手消費者金融の場合でも、この個人信用情報機関のスルーは聞かれることです。絶対に駄目だと思ったけれど、審査に通ったということです。中小消費者金融ではスルーではなく、最初から関係無く、ブラックリストですが、現在の経済状態について直接お話を聞かせて下さい、これが審査です。

聞きたいことは、返済方法だけです。ブラックありきのキャッシングですから、それについての言及だけではなく、借りても返済できるのですか?という感じです。

こんなことなら、審査落ちの方が良かったなんて思った口コミなどもありましたが、借りられる天国ンラ返済できない地獄に真っ逆さまなんていうケースも良く聞かれます。ブラックリストOKの金融会社であることは、審査が甘い良心的な貸金業者ですが、それが良いことなのかは、返済ができる方にとっての事。

債務整理の時期が少し遅かった、借りなければよかったと思わないと良いのですが、そんなことを思っても、既にお金は使ってしまって、手元に無いし…。中小消費者金融で無理やり借りる時が債務整理の時、という場合の方は結構多いのですが、それに気がつかない方は多いようです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>