土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックでも借りれる


急な出があってdお金が必要でキャッシングしたいけど、借りられない時って焦りますよね?既にキャッシングを利用している消費者金融が有って、限度額いっぱいになっている場合は、新たに違う消費者金融に申し込みをしようと考えますが、なかなか審査に通らない場合には総量規制に引っ掛かっている可能性があります。

総量規制とは、年収の3分の1までしかお金を貸してはいけないという法律で、消費者金融はこれを守らないといけません。ですので、この場合一旦借り入れしているお金を有る程度返済してしまうまで我慢するか、おまとめローンを利用するかという事になります。

また、ある程度収入はあってちゃんと返済しているのであれば、銀行のカードローンの申し込みをしてみるという方法もあります。銀行は総量規制の対象外ですので、借金問題でうしろめたい事がなければ銀行カードローンの審査は通ります。おまとめローンは銀行はもちろん、消費者金融であっても総量規制の対象外ですので、貸してもらえます。

問題は現在返済が滞っている場合です。通常2~3ヶ月返済が遅れると、ブラックリスト入りしてしまいます。こうなるとなかなかお金を借りる事はできません。

しかし、ブラックだと絶対にお金を借りる事ができないかというと、そういうわけでもありません。確かに一般的にテレビCMなどで有名な大手消費者金融はなかなか通らない事が多いのですが、中小消費者金融はブラックでも貸してくれる事があります。

「ブラックOK」というようなあからさまな表現は闇金のようで怖いですが、実際に大手で借りれなかったような人を相手にしなければ、中小消費者金融というのはやっていけませんので、審査基準を低く設定して貸し出している場合がほとんどです。

つまり、中小消費者金融はブラックで借りられなくて困っているからこそ、新たに借りられたらちゃんと返済してくれるだろうという考え方をしてくれる場合が多いという事です。諦めずに一度申し込んでみてはいかがでしょうか?

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

誰でも借りれる金融


よく町中の電柱などに「誰でもお金貸します。ブラックOK」というような張り紙が貼られていて、携帯電話番号などが書かれているものを見かけますが、あれはほぼ間違い無く闇金です。

闇金はいい顔をして誰にでも気軽にお金を貸してくれるそうです。貸出の電話対応なども金融機関と間違うように丁寧な対応をしてくれる場合もあるそうですが、返済になってくると別人のようになり、テレビドラマなどで見るあの悲惨な光景になるそうです。

つまり、誰でもいいからお金を貸してほしいという状況であっても、闇金だけはやめておいたほうがいいという事ですね。

では、闇金以外に誰でもお金を貸してくれる金融業者はないのかというとどうなのでしょうか?調べてみたところ、絶対にお金を借りられない人というのがいて、それは生活保護を受けている人です。

税金で生活を補助してもらっている状態の方々なので、生活保護者はお金を借りることができません。つまり、誰でも100%借りれるというのは事実上ないという事になります。しかし、例えば現在無職だったり、過去にお金を借りて返済が滞ってしまった(滞っている)いやゆるブラックリストの方でも、場合によっては貸せますという金融業者は意外と存在します。

知名度の低いような貸金業者は、大手消費者金融などからお金を借りられなかったような人達にいかにお金を貸して回収するかという点で勝負していますので、無職だろうがブラックであろうが、返済できる能力があると判断してもらえれば貸してもらえます。

因みに完全に無職でも、失業保険が入ってくるとか給与収入以外の何かしらの収入があれば貸してくれる場合もあるそうですが、1円も収入がなくまったく返せるあてが無いというような状況だとさすがに無理がありますので、派遣のアルバイトや日雇いのアルバイトなどでもいいので、とりあえず仕事を探してみましょう。

ブラックの方は、もし複数借り入れがあって、1社でも終わりそうなところがあるのであれば、1社でも借り入れ先を減らしておく方が可能性は上がりますので、できるだけ返済を優先するようにしましょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックの人がお金を借りる方法


お金を借してくれる金融業者と言えば、大きく銀行か消費者金融に分類されますよね?さらにこの2つをざっくり分けると、大手の銀行や消費者金融と、中小の銀行や消費者金融に分けることができます。

どちらの場合でも、大手というのは審査基準というのが高めに設定されていることが多く、できるだけ安心して貸し出しができる人にしかお金を貸さない傾向にあります。一方中小企業というのは知名度が低いわけですから、大手で借りられなかったような人に対して貸すことになります。

例えば、中小消費者金融のA社という業者がいたとして、一般的にお金を借りたい人というのはみずほ銀行や三井住友銀行などのメガバンク、自分の住んでいる地元の地銀、地域が関係なく気軽に利用できるジャパンネット銀行や楽天銀行などのネット銀行、テレビCMなどで知名度の高い消費者金融(アコム、アイフル、プロミス、モビット、レイク等)で借りようとします。

しかし、これらの金融機関では審査が通らず困っている人は、もっと審査が甘くて貸してくれるところはないだろうかという風に探します。

そこで中小金融業者のA社の登場です。A社はここでなんとかお金を貸し出してお客を確保したいですから、当然大手よりも審査基準というのは甘くなります。しかし、お金を貸しても回収できなければ意味がありませんので、当然ある程度の審査基準を設定して、お金が回収できる人なのかという判断はします。

この審査基準というのは、大手の場合はほとんど大差ないらしいのですが、中小消費者金融ではかなりバラつきがあります。A社では大手と同じく即答で断られたけど、B社は状況確認の電話が入り、事情を説明したら少額ではあったが一旦貸してくれたというケースもあるそうです。

ですので、覚えておいて欲しいのが、中小消費者金融ならお金を借りられる確率が高いのですが、かなり審査基準に違いがある場合が多いので、1社ダメだったからダメだと諦めないという事です。しかし、無暗に何社も申し込むと「申し込みブラック」といって逆に不利になりますので、事前に調べて申し込むようにしましょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックでも融資可能


ブラックOKというような、ブラックリストの人でも誰でも融資しますというようなことを前面に押し出している金融業者をたまに見かけますが、これは明らかに闇金の可能性が高いので、いくらお金に困っている状況でも避けたほうが良いです。

良心的な一般の消費者金融で、ブラックリストの人にお金を貸してくれる業者が無いかというとそんなことはありません。「え?そんな消費者金融の名前聞いたことないけど?」というような小さな街金というのは存在します。」

ただし、健全な中小消費者金融、いわゆる街金業者は「ブラックでも貸しますよ!」というような事はアピールしている場合が少ないです。ホームページなどにもブラックOKなどというような記載はなく、ブラックなんだけど貸してくれるのかな?と不安になってしまう程です。

しかし、実際にネットから申し込もうとした場合は、申し込む欄に「過去に返済が大きく遅れてしまった経験はありますか?」というような質問があったりします。つまり、あなたブラックなんですか?とあらかじめ確認してくることもあるのです。

ここで「はい」を選ぶと審査すらしてもらえないのでは?と思ってしまいますが逆です。ブラックなのにそれを隠してウソをつく人よりも、ちゃんと正直にブラックですと答える人の方が好感をもてますよね。ですので、そういう質問があるときは正直に答えるようにしましょう。

また、電話申し込みなどの街金相手の場合は、現在やむを得ない事情でどうしてもお金が必要だけど、必ず遅れずに返済するという誠意を見せることが大事です。電話などで話す場合は審査というものがなく、電話の申し込みの会話自体が審査というケースも多いですので、最初に話す内容はしっかり考えておくようにしましょう。

大体の場合、業者側も自分たちを頼ってくる人というのは、なんらかの事情で大手で借りられなかった人というのは知っていますので、変にごまかそうとするのは逆効果です。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

審査なしで借りれる


お金を借りたくて、消費者金融などに新規申し込みをする前に一つ確認してみてほしいことがあります。それは現在借りているカードローン(キャッシング)の増枠です。

例えば30万円設定で、上限になっている場合でも、増枠で50万円まで増えたというケースもあります。また、クレジットカードを所有している場合、クレジットだけを使っていて、キャッシング枠0にしている人も結構いるようです。この場合も一旦キャッシング枠の申請をしてみるのも一つの方法です。

このような方法でうまくいけば、わざわざ消費者金融や銀行の審査無しで手軽にお金を借りる手段を手に入れることができます。しかし、キャッシング枠もいっぱいで増枠申請もダメだったりという場合は、どこかお金を貸してくれる銀行や消費者金融を探すしかありません。

基本的に増枠が無理だった場合は大手銀行や大手消費者金融での申し込みは希望が薄いことが多いです。審査基準が高めですし、増枠できないような場合は何かしらの懸念材料があることが多いですので、大手はそのようなリスクをとりません。

では、審査が甘い、できれば審査なしでお金を貸してくれる金融業者を探すしかないですよね。因みに無審査でお金を貸してくれる正規の金融業者というのは存在しません。

もちろん、ヤミ金であれば審査なしで気軽に貸してくれますが、後の人生を棒に振ることになるのは言うまでもありませんよね?という事は無審査とはいかないけど、審査の甘い、緩い業者を探すという事になりますがこれがまた大変なんです。というのも、大手の審査基準は大体同じなんですが、中小消費者金融はかなりバラつきがあるからです。

例えば、ブラックの人でも過去に返済が遅れてブラックになってしまったけど、現在は完済しているという人でも、通常数年間はブラックの烙印を押されたままですので大手などでは借りられませんが、完済したブラックならOKという消費者金融は意外とあります。更に現在返済が滞っていても、しっかりとした収入があるなら貸しますという消費者金融もあります。

ただし、この場合は上限金額が低かったり、利息が高い場合も多いですので、慎重に探す事が重要になります。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>