土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

闇金と街金 ブラックキャッシングの本当の意味

闇金とは、法律で定められた範囲内で貸金をしていない方全般を指します。
ですから、個人間融資でお金を貸している方も闇金ですし、ホームページで中小消費者金融っぽい宣伝をしている業者も闇金です。

審査がない

法律では、利息制限法や貸金対象者などを挙げています。
消費者金融では、無収入は借入ができないですが、いくら高くても利息制限法で金利は20%を超えることはありません。
審査は、収入だけではなく個人信用情報機関の内容から、それぞれの審査基準を照らして進めていきます。
大きく言えば、大手消費者金融では審査は厳しいですが、中小消費者金融や街金では審査は甘いです。
そして、闇金は審査がないです。
その審査がないことで、借りれる方の範囲が広がりますが、金利の制限もないです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

そもそも違法業者

お金を貸してあげますというホームページで客を釣る闇金業者ですが、基本的には誰でもいいんです。
収入の確認もなく、1万円貸して100万円返せという世界です。
無謀なことだと思うのですが、それが闇金のルールであり、いくらでもお金を引き出させるのです。
困ったと言えば脅しになるし、警察に言うぞというと勝手にしろといいます。
適当にはぐらかして、面倒な申込者やもう金を取れないとわかると、さっさと逃げていくのです。
どうしたって、貸金業者ではなくも単なるカツアゲ屋です。

街金と闇金は違う

消費者金融と名がつかない街金のことを闇金という方もいます。
それは、情報サイトなどでブラック歓迎とか、ブラックキャッシングと称することがあるからです。

この言葉は、街金のホームページにはなく、口コミで言われていることです。
ブラックの私もキャッシングができたとか、ブラック歓迎に関しては、本当はそうした方も対象にしていますが、あえて口にしていないです。
街金では、ブラックでも借りられるのは真実ですが、その前に必ず審査に通ったのならという言葉が付きます。
ここが闇金と全く違うのです。

審査に通って、利息制限法で20%圏内のキャッシングができます。
ただし、すべての方がキャッシングができるとは限らないです、これが街金です。
闇金は、ブラック歓迎、どんな方でも申し込みができます。
最近では、審査らしいものが存在していると言いますが、金融業者のような個人信用情報機関の確認ではなく、勤務先の電話番号ぐらいです。
これはもしものときの脅しだったり、返済請求のためです。

ブラックキャッシングの本当の意味

ブラックキャッシングとは、口コミからでた言葉です。
ブラックでも借りられるキャッシングと取りたいのですが、本当に意味を伝えたいのならブラック審査キャッシングということです。

どんな街金でも、金融事故者が借りれる金融業者でも必ず審査があります。
それも大手消費者金融と同じ内容もあり、消費者金融全体に共通する審査に通らないのであれば、キャッシングができないです。
ブラックキャッシングに関しては、その金融業者が闇金なのか街金や中小消費者金融なのかを確認することが大切です。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックキャッシング 中小消費者金融の借入のこと 

大手消費者金融や、銀行カードローンの審査に通らない方をブラックという場合があります。
正式の名称ではないのですが、これらの金融業者で借入ができないのは、信用情報で金融事故がある場合があります。
その金融事故がある方で、審査落ちの場合をブラックというのです。

そのブラックが利用できる金融業者がある

それをブラックキャッシングと言うこともあります。
ただし、言葉としては、ブラック業者のキャッシングと捉えられることがあります。
これは闇金業者をブラック業者というのでご注意を。

単にブラックキャッシングというと、ブラックの人でも借りられる大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちでも申し込める金融業者、中小消費者金融や街金のことです。
業者を探そうと、ブラックキャッシングで検索をする際に、両方の条件で検索されてしまうことがあります。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

闇金と中小消費者金融の見分け方

一番なのが、中小消費者金融の情報サイトで口コミがとにかく多いものは安心です。
正確にスペックなどを解説している内容だけではなく、口コミも詳しいものが多いです。
ブラック歓迎とか、自己破産後でも借りれたなどの口コミがあれば安心のブラックキャッシングです。

そして、必ず審査落ちの方がいるのも特徴です。
ブラックキャッシングでは、到底貸すことができない金融事故の方も存在しています。
一方、闇金ではこうした情報サイトが皆無です。
もしあったとしても、別のサイトの闇金情報として会社名が挙がっています。
ホームページを開設している闇金では、片っ端から闇金情報として挙げられることが多いです。
ブラック歓迎とホームページにもあり、いかにも最もらしい内容のホームページですが、口コミもない、詳しい解説もない金融業者は当てにしないことです。

ブラックキャッシングでも正規金融業者

ブラックでも借りられる中小消費者金融や街金は登録業者で、正規金融業者です。
どうして、ブラックでも借りられるのに正規金融業者なのか?というと、審査基準が大手消費者金融より甘いだけだからです。
大手消費者金融と同じ消費者金融として同じ審査基準で営業したとしても、客はこないです。
ネームバリューもないし、宣伝もしていないのですから。

審査基準を少し下げただけで、ブラックキャッシングをしたい方はとても多いです。
大手消費者金融の審査では、まだまだ返済ができると言うのに、多重債務の件数などで審査落ちになる方はとても多いです。
コンピューターでのスコアリングで結果が出ますから、大手消費者金融で借入ができない、ちょっとだけブラックも多いのです。
そうした方で、返済が楽々できる方をブラックキャッシングで受け入れをしています。
ですから、ブラックキャッシングでは審査をして問題がなければそのままキャッシングがOKです。
ただし、たいていカードローンではなく振込キャッシングになります。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

闇金には行かない ブラックキャッシングと債務整理

貸金したい業者では、金融庁へ届け出が必要です。
大手消費者金融や中小消費者金融のホームページでは、必ず登録番号と都道府県知事の登録証明があります。
金融庁のホームページでも検索をすると掲載されています。
この届け出がない場合、全て違法業者になります。

大手カードローン会社だけではない

甘い審査の消費者金融、独自審査の金融業者でもキャッシングができると言います。
ネームバリューもない会社ですが、必ず登録番号があるところばかりです。
その存在が、正規金融業者の証です。

これらの中小消費者金融の審査対象者は、大手消費者金融で借入ができないブラックと言われる方たちです。
どうしてここに来たか?というと、大手消費者金融では借りられないけれど、中小消費者金融では借りられるとの口コミからです。
実際に借りた方は、口コミ情報としてインターネットで情報提供をしていて、必然的にあの中小消費者金融は借りやすいとか、審査に甘いブラックキャッシングができると評判になります。
現在、全国対応で来店不要、インターネット申し込みができるブラックキャッシング中小消費者金融は、数十社に上っています。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

そんな中に闇金業者もある

闇金のホームページでは、金融庁の登録番号がない場合があります。
中には偽造番号がある場合もあります。
その他、会社情報もなく電話番号が固定電話ではない場合、携帯電話しかないところは絶対に闇金融です。
応募フォームなどはありますが、とにかく会社の情報が何もない場合、絶対に闇金です。
無料紹介所とか、ここから紹介というのも怪しいです。

金融庁に登録ができるには最低限の条件が必要ですが、闇金ではそうしたことがない、たんなる金貸し屋です。
ブラック歓迎はもちろんですが、この業者の評価もゼロ、単にあそこは闇金ということが1つでもあれば、申し込みは厳禁です。

ブラックキャッシングの成功者

口コミが多いのも特徴です。
多重債務者だけど借りれた、自己破産後にキャッシングができる。
事情を聞いてくれたなどの、信じられないブラックキャッシング情報も多いです。
大手消費者金融の審査では絶対に借入ができない方も、中小消費者金融の審査でキャッシングができることは実は多いです。

ある条件、それぞれの審査基準のクリアが必要ですが、多くのブラックでもキャッシングに成功しています。
ただし、頼り過ぎないことです。
借りれるから狩りすぎてしまうと返済ができない事態になる方もいますが、これは利用者としてはしてはならないことです。
返済ができる範囲での審査通過になりますが、無理はしないことです。

ブラックキャッシングの場合、必ず考えて貰いたいのが債務整理の必要性です。
今は借りるときなのか、それとも一度債務整理をして、リセットしてからのブラックキャッシングが良いのか?
ブラックキャッシングでは、原則的に債務整理後の利用もできますから、大手消費者金融などの審査落ちでは、ブラックキャッシングと債務整理はセットで考えるようにしてください。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックキャッシングにも条件がある

ブラックキャッシングは、金融事故者のキャッシングを言います。
原則的に大手カードローン会社では借入ができないけれど、中小消費者金融や街金など甘い審査の金融業者では、ブラック歓迎のところは多いです。
ブラックしか申し込みをしない業者も数多いです。
利用者がブラックしかいない中小消費者金融もあるということです。

そこって闇金?

ブラックキャッシングというと、闇金と思われるのもありでしょう。
ブラックリストにキャッシングをさせるのは闇金と考える方もいます。
しかし、甘い審査があり、必ず信用情報機関などの確認をします。
ですから、審査落ちもありますし、無収入などは申し込みもできないのです。

ブラックキャッシングは、ブラックリストだけど、変な歳ができるのであれば貸してあげるという審査で、借入ができる人のことを言います。
こうした中小消費者金融のブラックキャッシングの情報はとても多く、大手消費者金融同様にインターネット申し込みができます。
ただし、カードのあるキャッシングはあまりなく、振込によるキャッシングになります。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックキャッシングの条件

正規金融業者である中小消費者金融や街金でブラックキャッシングができるのは、返済ができる人です。
まずは収入ですが、多重債務者の場合はすべての返済ができるだけの収入があることです。
借入額は必ず総量規制で、年収3分の一範囲内になっています。
その限度額しか借入ができないのは、大手消費者金融と同じです。
多重債務者で、すでに年収3分の一以上の借入をしている状態でのブラックキャッシングは絶対にできないです。
同様に多重債務の借入件数も、4件が限界です。
収入は、正社員である必要はないのですが、勤続年数は約1年以上で、在籍確認ができることが必要です。
ですから、勤務先としてきちんと電話番号が書き入れられること、そして、必ず電話をしますから、在籍確認ができることが必須条件です。

債務整理者のブラックキャッシング

大手消費者金融などでは、債務整理をするとキャッシングは5年以上しないことが原則です。
ローンも組めないので、キャッシングなんていうのもとんでもないことです。

ですが、ブラックキャッシングでは、任意整理や個人再生には優しいです。
自己破産後でも、1年程度で対応する審査です。
これは、返済ができないと債務整理した方が、無理のないキャッシングをすることができることが1つと返済能力が復元したことで、返済リスクが減るからです。
任意整理中のブラックキャッシングができる中小消費者金融もありますから、多重債務者なら債務整理後のブラックキャッシング挑戦がおすすめです。
言葉は悪いのですが、法的債務整理後であれば、キャッシングがしやすいと言うのはブラックキャッシングの大きなメリットです。

必ず、気をつけたいこととしては、延滞した後のブラックキャッシングができないことです。
必ず延滞をしない状態での申し込みを心がけて下さい。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックキャッシング、続ける?

お金を借りたい時の、大手消費者金融カードローンはありがたいです。
銀行カードローンも便利ですが、現在は最短で翌日キャッシングに変更になりました。
銀行カードローンの即日融資は廃止になり、金曜日の申し込みの時には、審査通過であっても最短月曜日のキャッシングになってしまうのです。
どちらにしても、早くにキャッシングが受けられるのですが、審査落ちの結果もすぐに出ます。

ブラックキャッシングはできると聞いたけれど

大手消費者金融がだめなら中小消費者金融があります。
街金とも言われていますが、ここで即日融資は可能性は低いですが、キャッシングそのものができる方はいます。
ネームバリューはないのですが、正規の金融業者としての保証はあります。
金融庁の登録番号もありますし、大手消費者金融で借りれない方を対象にしていると、言い切ってしまっても良いです。
中には即日融資、カードローンもあります。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

借りない選択も

大手消費者金融審査落ちで中小消費者金融でも借入をしない。
そのまま債務整理をしてしまう方もいます。

これはひとつの選択として、ブラックを選択するのですから、これもありです。
中小消費者金融のような所からのキャッシングはしたくない方にとっては、プロミスやアイフルで借入ができないと諦める。
債務整理をして任意整理で返済を楽にしたり、自己破産者になる。
これでも良いのです。

ブラックキャッシングをした場合は、本当にしばらくは大手消費者金融や銀行カードローン、各種ローンはできません。
ブラックである期間のキャッシングをしてしまうことで、ブラック期間が先延ばしになります。
人によっては、永遠にネームバリューの所からのキャッシングができない。
これは、ブラックキャッシングの大きなデメリットの一つです。

中小消費者金融は正規金融業者

しかし、それはそれで大手消費者金融ではなく、中小消費者金融も正規金融業者です。
個人信用情報機関としては、返済が順調なら問題ないことであり、ずっとブラックキャッシングでもいいんです。
多少大手消費者金融よりは金利は高いのですが、それでも利息制限法の20%を超えることはないのです。

普通の生活でキャッシングが、必要ないのが理想です。
しかし、一度はまってしまった、ないと生活ができないようになった場合、ブラックキャッシングでもうまく付き合っていくことも。
または自己破産者ですべてをリセットするのもありです。
選択は自由ですが、債務整理後のブラックキャッシングも中小消費者金融では可能です。

経営者にも注目

ブラックキャッシングは、事業者ローンをしたい経営者にも朗報です。
大手カードローン会社の事業者ローンとは違い、金利は高いですが事業者ローンや不動産担保ローンも、ブラックで申し込める場合があります。
個人事業主なども利用ができます。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>