土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

街金の審査にさえ通らないのは債務整理が原因?


銀行カードローンや消費者金融、さらにはクレジットカードのキャッシングなど、お金を借りる際に頼りになるサービスは多数存在しています。そのひとつに数えられるのが街金です。賃金業者の中では比較的古い歴史を誇り、馴染み深いために今も街金を頼っている方は大勢いるはずです。

しかし、この街金にも融資にあたっては審査があるのですが、その審査で落とされてしまった経験を持つ方も世の中には存在します。人によって考え方は様々でしょうが、ありとあらゆる賃金業者がある中で街金も通らない人になってしまったと考え、落ち込んでしまう人もいます。確かにメガバンクの住宅ローンを落ちたとなればまだ仕方がないと納得がいくでしょうが、なぜ街金で審査が通らないのかと不思議に思う人もいるはずです。

基本的に賃金業者が申込者の審査をおこなう際、返済可能かどうかを見ます。やはり、お金を貸す以上は返してもらわないといけないため、この点を重視します。つまり、街金も通らない人は返済能力に疑問符がついた可能性もあります。しかし、必ずしもこれが全てのケースに当てはまるわけではありません。返済能力に問題がない年収をもらっているような人であっても、街金の審査に落ちてしまうことがあるのです。

そのような場合には余計に悩みも大きくなってしまうかもしれませんが、ちょっとした工夫で問題なく審査に通るようになるケースも多いため、下手に落ち込んだり慌てるのではなく、まずは落ち着いて審査に通らない理由を見極め、どうすれば審査に通るのかを考えるようにしましょう。

実際、当初は街金の審査に落ちてしまった人が原因を知った上で、少々の改善をしたことによって問題なく融資を受けられたというケースは多々ありますので、本当に融資が必要ということであれば、ぜひこの点を考えていきましょう。そして、街金の審査において落ちてしまう理由は複数存在しますので、まずはそれを見極めることが大切です。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

原因のひとつに総量規制の可能性


街金と呼ばれる賃金業者への融資を申し込んで審査で落ちてしまった場合、総量規制が原因になっている可能性もあります。街金も通らない人の中には、自分の信用に問題があるのかもしれないなどと思うかもしれませんが、じつは法律が関係している場合もあるのです。

総量規制とは、多重債務者を生み出さないために国が設けた制度であり、簡潔に言えば消費者金融や街金などからのキャッシングの総額が、年収の3分の1を超えないようにするルールです。たとえば、年収額が300万円の人ならばキャッシングできる金額は100万円が上限となり、年収が600万円の人ならば200万円が限度となるものです。すでに他社において借り入れがある中で街金に申し込んだのであれば、年収の3分の1を超えてしまう可能性があると判断され、融資を断られている可能性があるのです。

そして、この総量規制には街金などのキャッシング以外にもクレジットカードの枠も影響してきます。クレジットカードの中にはキャッシングが可能となっているカードもあり、20万円や30万円などの融資枠がショッピング枠とは別に設けられている場合があるのですが、こちらにおけるキャッシング額も総量規制の概念の中に組み込まれます。

そのため、消費者金融や街金でキャッシングしていなくても、すでにクレジットカードのキャッシングを利用中であれば、その金額ですでに年収の3分の1に近い融資を受けている可能性もあり、そうなれば新たな借入はできないということになってしまいます。

また、誤解してほしくないポイントとしては、融資枠が存在すればその時点で借金をしたのと同じ捉え方をされるということです。消費者金融や街金において申し込みをおこない、上限が30万円の融資枠を得られているとします。

しかし、それぞれの事情から申し込みをおこなったものの、実際にはキャッシングしていない人もいます。つまり、いつでも利用できるものの実際の借入はおこなっていないケースです。借り入れをおこなっていない場合、それは借金とはならないために総量規制の対象外と考えてしまう人も多いのですが、たとえ借り入れがまだであっても申し込みをおこなって融資枠が存在している以上は総量規制の計算に含まれます。したがって、借りているかどうかは関係なく、融資枠がいくら存在するかが重要なのです。

これはクレジットカードのキャッシングも同様で、カードに融資枠があるだけで借金があるのと同じように捉えられます。そのため、こうした部分を見直すことも考えてみましょう。国内にある賃金業者の中で総量規制が無関係なのは銀行カードローンですから、どうしてもお金を用意したい場合には銀行系カードローンに注目しましょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

スーパーホワイトという可能性も有り得る


街金業者に融資の申し込みをおこなっても落とされる人がいます。街金も通らない人ということになり、本人としては落ち込んでしまうかもしれません。

さらに、その中には過去に借金をした経験もなく、だからこそ自己破産や任意整理をしたこともない人がいます。また、他者からのキャッシングやカードローンの利用がないために、総量規制にひっかかるはずもない人がいます。

このような方がなぜ落ちてしまうのかと不思議に思うものですが、じつはクレヒスがとても綺麗な人は街金も通らない人になってしまう可能性を秘めているのです。なぜかといえば、信用情報機関に登録されるいわゆるヒスクレが真っ白だからです。他社からの借入をおこなっていれば、信用情報機関に何かしらの情報が登録されているわけですが、過去に利用していない人は真っ白です。これが20歳などの若者の場合には人生で初めてお金を借りるのだと判断されがちですが、たとえば30代や40代の人が真っ白の場合には疑われることがあります。

何を疑われるかといえば、過去の金融事故です。仮に自己破産や任意整理をした場合には5年から10年ほど新たな借入ができませんが、5年から10年すれば信用情報機関に登録されていた事故情報も消えます。そして、その間に新たな借入が不可能だったわけですから、その情報が消えれば真っ白になります。つまり、ある程度の年代の人なのに情報が真っ白になっていると、過去に債務整理をおこなったのではないかと疑われるのです。

大人ならば、クレジットカードくらいは1枚や2枚持っていてもおかしくないわけですが、それさえないということは金融事故を疑われるわけです。無論、中には現金主義を長年貫いてきて、40代になって初めて街金にキャッシングを申し込む人もいますが、このような人はスーパーホワイトやホワイトと呼ばれ、何も情報がないからこそ落とされてしまうリスクを抱えているのです。

きちんと担当者に説明すればわかってくれる場合もありますが、やはり疑われたままに審査に落ちることもあります。そのため、自分がこのケースに当てはまる気がする人はいくつかの業者を回って申し込みをおこない、通してくれる会社を探しましょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

複数に申し込めば審査クリアできる可能性が高い


ひと口に街金と言っても、その規模や営業方針は様々です。そのため、審査基準も異なっています。つまり、ひとつ目の街金に審査で落とされたとしても、そのほかの業者の審査には通る可能性も高いのです。

それぞれの街金業者が異なる審査基準を持っているため、Aという会社で落ちてもBならば無難に通過できるケースもあるのです。そのため、Aに落ちたからと言って自分は街金も通らない人という固定概念を持つ必要はありません。

たまたま最初に申し込んだその業者の審査基準に自分が合致しなかっただけであって、そのほかの業者ならばすべてにおいて審査が通る可能性だってあるのです。そのため、ひとつの審査に落ちただけで終わりにしてしまうのではなく、いくつかの業者に申し込みをおこない、通してくれる業者を探し出すことが何より大切です。

たしかに審査に落ちたと言われると、それが何であっても人間ならば落ち込んでしまうのは仕方がないものです。しかし、相手もそれぞれ社内に設けられたルールに沿って経営をおこなっており、たとえば年収がいくら高額であっても過去のヒスクレが真っ白の場合には落とすルールとなっているというようなケースもあるのです。そのため、自分の何かが悪いわけではありません。あくまでも運が悪かっただけと考えておきましょう。

ただし、このようなケースであっても、同時に複数の街金業者に申し込みをおこなうのは得策ではありません。これは街金だけに限らず、銀行カードローンや消費者金融など大手キャッシング業者、クレジットカードのキャッシングなどであっても同様です。

ひとつの業者において審査が否決されたあとにほかの業者に申し込むのであれば良いのですが、まだ審査が出る前なのに同時多発的な申し込みをおこなうと、よからぬことを考えているのではないかと疑われ、本来なら審査が通る人でも通らなくなってしまうことがあるのです。同時に複数業者からお金を融資してもらい、そのまま逃げることを考えているのではないかなどと思われてしまうのです。そのため、ほかの業者に申し込みをおこなうのは、あくまでも最初の業者からの結論が出てからにしてください。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

意外な盲点が記入ミスや電話確認の無視


お金を借りたいと思って街金に申し込みをしたものの、あっさり審査に落ちてしまう人は意外といます。そして、年収や職業などはまったく問題ないように思える方もその中には存在します。

このような方々が審査に落ちてしまう理由のひとつが、申し込み後の対応にあるケースも増えています。街金への申し込みをおこなったあと、業者側は即座に審査をおこないます。この際、収入状況や他社での借り入れ状況なども調べますが、そもそも申し込みをおこなった人が本当に本人なのか、記入された電話番号は実際のものかなどを調べます。

つまり、本人確認をおこないます。この情報が虚偽であれば返済されない可能性が高いわけですから、街金はこの点も注意しますが、本人確認のひとつの方法が電話です。携帯への電話はもちろん、自宅に固定回線があるならばそちらにも電話が入り、本当に申し込みをおこなった人が出るかを確認します。

そのほか職場への在籍確認をおこなうこともあります。この際、申し込みをおこなったあとのため、気を抜いてしまう人も多く、電話がかかってきても無視したり、知らない番号だからとスルーしたりする人がいますが、こうした行為によって審査に落ちてしまう人もいるのです。電話を受ける側にしてみれば電話をとるだけなので些細なこととして考えがちですが、業者にしてみればその電話に本当に本人が出るかどうかはとても重要な問題なのです。そのため、これを無視すると審査を落とされるケースも多いため気を付けましょう。

また、もうひとつのポイントとしては記入ミスがあげられます。たとえば電話番号を間違えた場合、街金のスタッフが電話をかけても他人が出てしまうことになります。そうなると虚偽として扱われて即座に審査を落とされるケースもあるのです。

もちろん、それ以外の連絡方法があれば確認のためにそちらに連絡が入るでしょうが、仮に携帯番号しか記入していないような場合にはそれが意図的なのかミスなのかを確認することもできないために審査に落とされるケースがあるのです。申し込みの際に書く内容は再三チェックをおこない、ミスがないように気を付けてください。その上で街金からのキャッシングを実行してもらいましょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>