土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

自己破産者とは

自己破産とは、お金を返せない場合にすることです。中には、自己破産をしたいのに免責を認められないというケースが結構あるそうです。返せるだけの財産をたくさん持っているのにもかかわらず、返したくないがために故意に隠して自己破産をした場合です。これは、最初から返す気がなかったということで免責を認められないです。

ギャンブルやお買い物をたくさんしたいがために、借金をした場合も自己破産の免責を認められないですね。うまい事言いくるめて、お金を貸してくれる人を騙してお金を借りた場合も認めてもらえないです。そもそも、騙している時点で詐欺行為なので犯罪を犯しているために、自己破産を認めてもらえないです。

裁判所に「あなたはまだ支払うことができる」と判断されてしまった場合、免責がおりないために自己破産できません。その場合は、一括が無理なら分割で支払っていくしかないですね。過去にも自己破産をしていて、7年以上経っていない場合も免責がおりません。

自己破産とは、「あなたは借金を返さなくても良いですよ。」と免除してくれる制度です。全ての人が自己破産を認められるとは、限らないです。認められない人もいます。手持ちの財産を自己破産のために、処分した人は認められないですね。わざと自己破産の手続きを遅らせるために、いろいろなことをしている人も認められないですね。

何社か借りている中の一社だけに対して、お金を返した場合も自己破産を認められないです。やっと自己破産の決定が始まってまだ1年もしないうちに、他の消費者金融に支払い不能なのにもかかわらずそれを隠し新たに借金をした人も認められないです。

裁判所に届け出るのに、お金を貸してくれるところの嘘を伝えた場合。裁判所からの調査の説明を拒んだり、それに対して嘘の説明をした場合。自己破産を行うための人の、仕事を邪魔した場合。破産法という法律を守らなかった場合。自己破産を認められない人って、結構いそうな感じがしますね。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>