土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

激甘審査ファイナンス

信用情報機関が保有している、信用情報についていろいろと気になります。クレジットカードを作ったり、ローンとかの契約とかに必要なものになるんですよね。間違いが無いように第三者的な立場で、その人が取引などをした事実を登録した情報です。クレジット会社や消費者金融などが、これから新しく取引をするお客の情報が信用できるかどうかを判断するために利用します。

信用情報に入っていない情報としては、その人の人種や考えや思っていること、医療保険、どんな犯罪を犯したという犯罪歴です。クレジットカードを作ったり、ローンの申し込みをする時に紙に書きます。それとは別に、個人情報を取得するための同意書というものを出してきます。お客の同意を得ることは、絶対に義務になっています。同意を得ずに勝手に信用情報を見ることは、できないことになっています。

そして、新たな情報も信用情報に登録されることになります。どんな情報が信用情報として、登録されているのか気になります。新しく申し込みをする時に登録されるのが、『申込情報』です。契約できた後に登録されるのが、『クレジット情報』です。利用した時に登録されるのが、『利用記録』です。主に上記の3点で構成されているようです。

信用情報は、各種類ごとに登録されて一定の期間が過ぎると自動的に消されていきます。申込情報は、本人かどうかを識別するために名前や生年月日、郵便番号や電話番号。申込するときの情報は、照会日や商品名、契約予定の金額や支払いをする予定の回数、照会した会社名。この申込情報は、照会日から半年間は信用情報として保有されます。半年過ぎると、信用情報から自動的に消されるということです。

クレジット情報は、本人かどうかを識別するために名前や生年月日、性別や郵便番号、住所や電話番号、勤務先名や勤務先電話番号、公的資料番号。契約内容の情報は、契約日や契約の種類、商品名や支払う回数、契約した時の金額や契約終了する予定日、登録会社名。支払い状況の情報は、報告日や残りの支払額、請求額や入金した額、入金をした履歴や異動のありかなしか、異動が発生した日や延滞を解消した日、終了状況。このクレジット情報は、契約期間の最中・取引が終わってから5年間は信用情報として保有されます。5年過ぎると、信用情報から自動的に消されるということです。

利用記録は、本人かどうかを識別するために名前や生年月日、郵便番号や電話番号。利用したという事実の情報は、利用した日や利用目的、利用会社名。この利用記録は、利用した日から半年間は信用情報として保有されます。半年過ぎると、信用情報から自動的に消されるということです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>