土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

大手消費者金融とは違う点

中小消費者金融などでは、ブラックでも審査を受けられ、事故情報がある方でもキャッシングができる方もいます。銀行系カードローンや大手消費者金融で審査落ちした方も申込めます。

申し込み方法は同じですが、金融業者によっては、申込書のところに債務整理などの経験したことを明記しなければならない場合もあります。申込は正直が好印象ですから、言われたとおりに従うと良いでしょう。

審査段階で、ブラックの原因などを問われることがあります。大手消費者金融では、審査で直接話しをすることはありませんが、中小消費者金融で、ブラックリストの場合、質問されることが多いと言われています。違うと言えば、この点かもしれません。

事故情報の扱いについて

ブラックの内容、個人信用情報機関的には異動情報ですが、種類があります。
どれがどの程度なのかと言うのは、消費者金融ごとで違います。

そこでどのブラックが良くて悪いか、です。
それがわかれば、できれば審査が通るところに行きたいところです。

消費者金融ランキングサイトなどでは、それぞれに説明があります。
金融事故はすべてが良いのではなく、限度が存在していますが、基本的に信用情報に事故有は大丈夫です。
その上で、内容を精査していくようですが、“ブラックの身分をわきまえている”態度の審査の一つだと言われています。卑屈になるのではなく、低姿勢の姿は好印象のようです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

延滞者には厳しいかも

中小消費者金融のNGは、延滞と無収入です。ローン会社全般で、この2つの項目があると、キャッシングは絶対に無理です。ブラックリストではなく、キャッシング無資格者です。消費者金融一覧においても、延滞は絶対に対応しない金融トラブルとしています。

どんなに多い多重債務であっても、返済が大変でもブラックで延滞をしていないことが大切です。
自己破産などの債務整理経験者よりも延滞が重罪です。

審査基準では、債務整理は法律に則って自分の借金生活に責任を持つ人と見られます。
早いうちの債務整理は、債権者=金融業者にとってもまだ助かります。それが、多額の借金での自己破産は実は債権者にとっては迷惑な話ですが、支払いもせず延滞したり滞納をするよりはまだましという判断なのです。

ということで、消費者金融審査では絶対にしない方が良いのが延滞です。
もし、延滞しているブラックリストですと、絶対にどこも貸してくれません。

返済能力は収入の内容

もし、多重債務ブラックで中小消費者金融に行こうという方は、そこのキャッシングが返済できるかを再確認してください。この計画性も審査の一つです。

10万円の返済があり、あと1万円増えたとして、完済が出来るのか?
自分なりに計算をして、なんとかなるさではなく、この金額で返済できますと宣言出来ることも必要です。
総量規制限度内であって、借入ができたとしても返済ができないのであれば借りない方が良いです。

ブラックだから利息が高くなるとか、顧客の優劣が付くことはありません。
ただ、延滞履歴などは調べられますが、融資実績と完済記録が多いと信用度も高くなります。とにかく返済出来る状態であれば、中小消費者金融もブラックも融資対象外にすることはなく、審査が実行されます。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>