土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックでもお金が借りられる所は大手より中小の貸金業者

ブラックになってしまった人がよく言われる言葉があります。

  • どうしてちゃんと計画的に利用しなかったの?
  • どうして返済計画をちゃんと練っていなかったの?
  • どうしてブラックになる程お金を借り続けてしまったの?

ブラックになった人の胸には、嫌という程痛感させる言葉かもしれません。

確かに、最初はプロミスなどで、普通の人と同じようにカードローン契約に申し込めてキャッシング出来ていた事だと思います。けれど、キャッシング感覚が麻痺したり繰り返し返済を行っていく上で、思ったよりも大変な目に遭って返済額の滞納や延滞、放置してしまう事があったのかもしれません。しかし、これではマズいと債務整理などで緊急処置をした結果、ブラックになったという事なのでしょう。

実は、仕方なくブラックになった方が多いと思うんですよね。大手の消費者金融とはブラックになった時点で決別したも同然ですが、これはこれでブラックになった方が可哀想だし救われないですよね。本当に今でも良かったなと思えるのが、中小金融の存在感だと思います。中小金融が無ければ、もはや救われる術は残っていなかった事だと思います。

大手のカードローンも銀行カードローンも、どのローンも組めないようなブラックだった場合、本当に困った時のキャッシングも頼りに出来ない毎日になっていた事でしょう。もう生きていけないと、自らの首を絞めている人もいた事だと思います。

今も昔も、ブラックでもお金が借りられる正規の業者がいるからこそ、まだまだ人生を捨てないで頑張れるのだと思います。一社でも多くの中小金融が立ち上がって頑張ってくれているからこそ、ブラックの人にも希望の光が見えるようになっているのも事実なのかもしれません。

今、もしも中小金融が無かったとしたら、恐らくブラックで借りられる所はヤミ金や悪徳業者だけとなってしまっている可能性大です。今よりも、更なる絶望的な世の中になっていたかもしれませんね。そう考えると、いつの時代も中小金融だけは生き続けてほしいと思う限りです。これからもブラックの方の味方でいて下さいと願うばかりですね。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>