土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

中小消費者金融の存在

消費者金融には大手消費者金融と中小消費者金融があります。ブラック対応は中小消費者金融です。信用情報機関に異動情報(金融事故)が存在していたとしても、審査の上金融業者の基準に合えばキャッシングができます。

融資ができるかどうかの保証はありませんが、大手消費者金融での申し込みで断られた方でも受付してくれて、運が良ければ借りられます。ですから、自分はブラックだと思った方も中小消費者金融に行くことで、とりあえずローンの可能性は出てきます。

誰でもOKではない

中小消費者金融にも審査基準があります。金融事故の内容によっては、審査落ちになります。
自己破産や任意整理などの債務整理経験者に関しては、2年くらい経過していれば借りられたという口コミがありました。ただ、任意整理中はダメなところもあります。

延滞に関しては、ここは中小消費者金融でも厳しくて、過去に経験していた方でも、その内容が長期延滞の場合は審査落ち、延滞している状態での申し込みは、その場で断られます。ここは大手消費者金融と同じです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックでも借りられる消費者金融紹介

口コミサイトは多いですが、“街金アニキ”のサイトの紹介している中小消費者金融は、どこも安心です。
金融事故者はぜひチェックしてほしいサイトですが、詳しい内容ではないのですが、借りられる貸金業者をすぐに確認することができます。ブラック対応の金貸し屋は、こうした確かな情報のところでチェックすることが大切です。

銀行カードローンのブラック

消費者金融と銀行カードローンの個人信用情報機関は違います。
銀行カードローンは全国銀行個人信用情報センターです。
ですから、大手消費者金融でもチェックから外れることがあります。

しかし、もし銀行カードローンでの審査落ちでも最初から中小消費者金融に行くことをお勧めします。
申し込み者の内容を詳しく確認をするのなら、大手消費者金融での審査落ちの可能性は大きいです。
中小消費者金融は、審査落ちで申し込みをしたとしても独自審査になりますから、多重債務者でも総量規制限度額であればキャッシングの可能性は十分考えられます。

中小消費者金融と街金は同じ

中小消費者金融の中には街金として老舗消費者金融会社として営業しているところも多いです。
以前はサラリーマンローンとして営業していて、金融業界の改変の荒波にもこらえてきた金融業者です。
信用力もあり、長年事故歴の方に融資をしてきているところも多いです。

だからこそ、ブラックに対しての憂慮や辛さを分かってくれます。しかし、きちんと審査基準と相手を見る目が厳しいのも現状です。カードローンではなく、振込や手渡しのところがほとんどですが、申し込みはインターネットや電話でも可能です。

中小消費者金融の担当者は、返済能力がない方には貸しません。
ブラックではない、内面も見透かされることもあります。
ここは、心して申し込みをしなくては借りられないこともあるようです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>