土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

キャッシング ブラックになる

キャッシングでお金を借りているだけでは、大抵の人はまずブラックにはなりません。よくネットでブラックでもお金が借りたいという人がいますが、何故ブラックになったのか? その理由に『債務整理』があります。

本来であれば、普通にお金を消費者金融から借り入れして返済を続けるというのが普通ですよね。こんな人であれば、審査に通らない事なんてまず無いし、融資だって問題なく受けられると思います。ですが、それなのにブラックになってしまったというのは、何らかの意図があって債務整理を実行した事がおそらく原因になっているでしょう。

自分が借金返済に苦を感じていたり今のままの返済計画ではラチがあかないとか、簡単にクリア出来ない問題として深刻に考えてしまった結果、任意整理をしてしまったか或いは個人再生や自己破産などをしたことから、ブラックになってしまうというパターンが多いと考えられるでしょう。

よって、普通にお金を借りて返していれば、まず金融事故なんて載らないんですよね。大体は、この債務整理によってカードローン申込みが出来なくなってしまい、お金が借りれない又はブラックになってしまうという事がわかるでしょう。ですので、大手消費者金融などで融資対象とされなくなる為、金利が少し高くなってでも中小消費者金融でお金を借りるしかなくなるでしょう。

じゃあ、債務整理をしなければブラックにはならなかったのか? 債務整理以外でも、借入返済の延滞や滞納が続けばブラックになります。あくまで、債務整理はブラックの原因の一つとなるのです。ただ、債務整理を近年実行される方が多いという事もあって、債務整理後のブラックによってお金が借りれない人が今の世の中ほとんどと思えるかもしれませんね。

金融事故は一気に消せませんから、時効までのブラック期間というものが存在しております。ブラックになるのはほんの一瞬ですが、ブラック時効までは五年以上経過を必要とするのです。

ブラックになる事が嫌なのであれば、債務整理をしない又は借金返済は毎回ちゃんときちんとしておくことです。そして、延滞や滞納などしないように心がける。または、新規でのキャッシング申込みを多重で申し込みしない。これらの事が全て出来る人は、恐らく簡単にブラックが信用情報には載らないでしょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>