土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックリストとは

お金を借りる人にとって戦々恐々なのが、ブラックリストの存在です。

実は、ブラックリストという存在自体は金融業界には存在していません。クレジットカードやローンなど貸金に関わる際に顧客情報が信用情報機関に登録されますが、返済遅滞や破産などを起こすとこの顧客情報に「事故情報」が追加されてしまいます。この「事故情報として登録されている状況」を通称「ブラックに載っている」と表現しており、世間ではコレに載ることを「ブラックリスト」というわけです。

借り入れした金融機関の状況によって変わりますが、いったんブラックリストに載るとおよそ5~10年程度に渡り掲載し続けます。そして、ブラックリストに載っている間はお金を借りることができません。もちろんこの期間はローンを組んだり、クレジットカードを作ったり利用することもできなくなります。

ブラックリストに載る原因としては、一定期間以上返済を遅らせたり3回以上遅らせたりで起きる「延滞」、借金の返済が出来ず保証人に返済させることで起きる「代位返済」、自己破産・任意整理・民事再生そして過払い金返還請求で起きる「債務整理」の理由があります。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>