土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

信用情報に事故情報を載せないために

大手消費者金融や中小消費者金融などで利用者が金融事故を起こしてしまったり、あるいは利用中に延滞などをしてしまった場合や、自己破産をして返済ができなかった最悪の場合などは、信用情報機関に蓄積されている信用情報にこうした内容が「事故情報」として掲載されることがあります。

このような個人信用情報の事故情報が掲載されてしまうと、その後そのほかの金融機関や銀行、そして金融会社などからも審査の際に、そのような情報がマイナスであると判断されて、融資の申し込みをしても審査に合格できなくなってしまうというケースが多くなるのです。

このような信用情報を蓄積して金融機関に提供している機関の中でも、特に割賦販売法や貸金業法などに基づいて指定を受けた信用情報機関を、指定信用情報機関といいます。ここに登録される利用者に不利な情報を異動情報といいます。この異動情報が登録されている状態を俗に「ブラックリストに載る」といい、これを避けるためにはとにかく延滞なくきちんと融資された金額を返済していくことが求められます。

それでも事故情報でブラックになってしまったら

しかし、それでもやむをえない事情やうっかりミスなど、あるいは長年の無理な資金繰りが積もり積もって、指定信用情報機関などの信用情報機関の個人信用情報に、事故情報あるいは異動情報が掲載されてしまうということはかなりあるようです。このように、自己破産や金融事故などで異動情報が掲載されてしまうと、大手消費者金融ではその程度によってはまず融資をしてもらえなくなるのです。

そのため、利用者として消費者金融と契約をしたいのであれば、まずは中小消費者金融などを狙ってみるとよいでしょう。中小消費者金融であれば、銀行などの金融機関や大規模な金融会社では審査に合格できないよう人であっても、審査の申し込みに応じてくれる場合もあります。

ブラックOKなカードローンに申し込みをしよう

このように、指定信用情報機関や信用情報機関に異動情報や事故情報が載ってしまった人でも、銀行などの金融機関や大手消費者金融は無理としても、中小消費者金融のなかには審査に合格できるような金融会社はあります。

かつて、自己破産をしてしまったり、あるいは金融事故で個人信用情報に事故情報が載ってしまったけれど、利用者としてカードローンなどを利用したい方は、審査申し込みをしてみるとよいでしょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>