土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

審査が通らない

審査のある金融機関では、その審査基準に1つでも合わなければキャッシングは絶対にできません。各カードローン会社では、それぞれの基準があります。そして、審査に落ちた人を申込ブラック、金融ブラックといいますが、たいていの審査落ちの原因は返済能力が低く信用力がないことです。

最近では、インターネットで審査のハードルが低い金融業者も見つけることができます。
もし高いところから審査を受け審査落ちをしていったのなら、だんだんとハードルを下げていくことをお勧めします。国内でハードルが低いと言えば、中小消費者金融や街金でしょう。

だからと言って闇金は避けてください

ローン審査の低い中小消費者金融でも、審査の一つに収入の有無があります。
無収入はもちろん審査落ちですが、業者によっては低い収入の方は中小消費者金融でもだめです。
それでもなんとかしてお金を作らなくてはならないと思う方で、闇金に行く方も少なくありません。
ここは、簡単にお金を貸してくれます。

どこも貸してくれないのです。そう訴えたとしたら、喜んで貸してくれますが、無収入の方は、実家に請求がいくことが多いですし、中には“闇金審査落ち”になってしまう方も。そして、あなたの情報は、この闇金グループでは審査落ちのブラックリストになることだってあります。

闇金からお金を借りられないと言うのは光栄なことです。
しかし、収入があれば、どんな手を使ってでも貸してくれますし、横暴な返済を請求してきます。

最終的には債務整理が大正解

できれば闇金にいかず、中小消費者金融の審査落ち後は任意整理や自己破産などの債務整理しかないでしょう。ブラック対応の金融業者の口コミ情報も多いですが、信用力がゼロと判断された方には絶対にお金は貸してくれません。

しかし、弁護士による債務整理はできます。債権者との話し合いなどは弁護士に依頼することもできます。
気をつけたいのが、相手が闇金であるときには、債務整理はできないのです。優良消費者金融である場合、担当者がしっかりしていれば、債務整理に対応はしますが、交渉がもつれる場合も少なくありません。

債務整理は債権者にとっては不利な内容です。
一般金融ではそうであっても弁護士が相手なら拒否はできませんが、多少のごねはあります。それでも、債務整理をしなくてはならないほどの滞納者に対しては、長期延滞で逃げられるよりはマシとの声もあります。

債務整理の形は債務者にとってプラス要件。それを駆使しない手はないでしょう。
どこも貸してくれないということになれば、素直に債務整理が健全な借金生活と言えます。
闇金は絶対に手を出さないこと、です。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>