土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

ブラックでも作れる楽天カード

わけあって債務整理をしてしまったか、借金返済が困難で支払い延滞してしまった。その結果、信用情報機関に払っていない借金が原因で金融事故が載ってしまった場合。一度事故情報が載ると取り返しつかないんですよね、最低5年しないとカードが作れないんです。

だから、今まで消費者金融や銀行でお金が借りれるとかカードが作れると思っていた人も、この事故情報が登録されてしまったからには以後カードローンも組めないし、アコムACマスターカードなども使えなくなるでしょう。当然、銀行カードローンもだめになると思うので、何処のカード会社の力も借りれない事となってしまいます。

金融事故は、本当に債務整理とか延滞する時は楽でも、後が本当に厄介なのです。出来るだけ、こんな金融事故は避けて頂きたいというものですが、金融事故情報が万が一登録されてしまったのであれば、ここは諦めてカードが作れない現実を受け止めるしかないでしょう。

但し、せめてもの救いとしてブラックでも作れるカードもありますよ。ローン払いとは出来ないですが、一括支払いカードのデビットカードであれば個人情報だけでカードが作れるのです。ほんと気休め程度かもしれませんが、何もないよりはマシだしブラックでも申し込み出来る点で有用でしょう。

ただ、やっぱり信用情報機関に事故情報があっても、お金を借りたい人は借りたいしカードを作りたいのでしょうね。カード枠があるカードを申し込みしたいのも事実だと思います。

一部の噂では、審査の甘い楽天カードならばブラックでもカード取得出来る声もあります。実際、本当かどうか確かめてみたのですが、債務整理後すぐとか延滞ブラック後すぐなんて場合は作れませんでした。

ただ、ここで諦めてしまえば最後の希望が途絶えてしまうので、念押しで検索してみたんですが、実際は債務整理から5年しないと作れないカードローンに対して、楽天カードであれば債務整理から三年や四年で作れたという人の声があったのです。

つまり、ACマスターカードや銀行カードローンでは、基本的に5年経過しないとだめなのに対して、楽天カードであれば5年しないと作れないという常識を打ち破っているわけです。よって、債務整理後5年待たずともカード契約が出来ると噂の楽天カードであれば、まだブラックでも申し込み時期によっては審査でOKサインが出るし、カードローンが組めるのです。勿論、専業主婦でもOKと言えますから、かなり審査の甘いカードローンと言えます。

さすがに、無職で申し込みをすればカードは作れないと思いますが、債務整理したり延滞ブラックでカードが作れない人がブラックが消える手前で申し込みしてみたら、案外楽天カードなら対応してくれるようですよ。いちいち、5年しないと申し込みしたらいけないと考えなくても良いと思えますね。

ただ、これが自己破産とかだと10年はカードが作れないので、自己破産に関しては5年未満の楽天カード取得は無理だと思っておいて下さい。しかし、債務整理であれば全然楽天カードでブラックでもカードが作れる可能性が高いので、これには期待しておいても良いのではないでしょうか?

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>