土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

金融事故者でも作れるクレジットカード 楽天カード

ああ、何で自分はうまくカードの返済が出来なかったんだろう。今更悔やむ理由としては、きっと延滞とか長期延滞などで支払いをサボっていたから金融事故者になって、信用情報に金融事故が載ってしまったからでしょう。

信用情報機関に事故が載ると今後暫くはカード会社のカード審査に絶対落ちるから、カードローンとかで消費者金融とか銀行のカード利用がしたい場合も出来ないですし、クレジットカードもカード発行するまでに至らないでしょうね。つまり、こちらも審査に通らない結果で終わってしまうのです。

カードの返済が面倒で債務整理している人でも、これに当てはまる事だと思いますが、いずれにせよ金融事故による事故情報が登録されてしまったら、何処のカード会社も信用してくれなくなるので、カード申し込みしてカード審査に望むのは正に無謀と言えるのです。

じゃあ、どうすれば金融事故者でもクレジットカードなどカードが作れるのか? 一番良い情報としては、個人信用情報機関の事故情報が消えるまで待つという事となるでしょう。信用情報に金融事故があれば、当然お金が借りれないしカードも作れないですが、ある期間経ってからならば審査が一番甘いと言われている楽天カードが作れるでしょう。

普通は5年しないとカード金融事故者は消えないのですが、債務整理とか延滞で金融事故者であり、個人信用情報機関の金融事故が完全に消えていなくても、楽天カードの場合は5年未満で契約出来る事もあるそうなのです。ただ、これがACマスターカードでも同様なのかと言えば、それは違うようです。

とにかく、審査の甘い楽天カードであれば力になってくれる可能性も高いと言えます。ですから、その間はデビットカードで契約しておいて一括支払いで頑張って、頑張って我慢した分だけ楽天カードで贅沢買いするようにしてみてはいかがでしょうか? と言っても、それでまたカード発行後に使いすぎで金融事故を起こしてはいけませんよ。

もちろん、延滞とか長期延滞もご法度です。カードは信用が命ですので、これがまた金融事故者になれば金融事故による情報が原因となり、お金が借りれないしカードが作れないとか審査に通らない事になってしまうでしょう。

せっかく、カード審査の甘い楽天カードでも、利用出来なくなれば何のための金融事故者時効なのか分かりません。ですので、金融事故者時効より比較的早めに申し込みが出来る楽天カードは敵に回さないようにしておいた方が身の為です。

いざという時のカード枠や分割払いによる支払いは、大変役に立ってくれるでしょうから、カード取得後は大事に使いましょう。そして、運が良ければ、続けて消費者金融や銀行のカードローンも復活してまた使えるようにもなる事でしょう。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>