土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

金融事故者でも作れるクレジットカード デビットカードなら誰でも使える?

カードは日常生活の味方と言えるものですが、ちょっとした延滞又は長期延滞でひとたび金融事故者になってしまえば、事態は一変してしまいカードがまったく使えなくなってしまいます。信用情報に金融事故が残ってしまうと、これが原因でお金が借りれないとかカード契約出来なくなっていくのです。

カード会社の審査で通らないとなればクレジットカートだけじゃなくて、消費者金融や銀行でも審査に通らない金融事故者として扱われてしまい、金融事故者がカード契約する事が一切出来なくなるでしょう。あの審査が凄く甘いと有名な楽天カードでさえ、金融事故者は即否決というものですたからね。

さらには、ACマスターカードも使えないし絶対にゴールドカードも作れないでしょう。ただ、債務整理で金融事故が消えていて残ってない場合は、信用情報がクリアな状態だからカード審査に通る可能性はありますよ。しかし、完全金融事故者となってしまっているのであれば、個人信用情報機関に登録されている金融事故が原因で、カードもローンも一切利用不可能となってしまうでしょう。

ただ、そんな人でもカードが作りたいとか、クレジットカードの代理と言えるようなサブのカードが必要な人がいましたら、VISAのデビットカードであれば簡単な個人情報のみでカード契約出来ますよ。金融事故情報があってもデビットカードならば無関係ですし、審査も無くて誰でも使える簡単に擬似的クレジットカードと言えます。

但し、デビットカードはクレジットカードじゃないから、分割の支払いなどは出来ませんしカード枠もありませんから、キャッシングの利用も非対応のVISAデビットカードという事になるでしょう。あくまで、専業主婦が財布代わりに持つネットの財布みたいな感じとなります。一回の支払い用なので、実質分割も出来なければ借入も出来ませんし、自分で現金チャージしなければいけない面倒さもあるのです。

しかしながら、金融事故者でもカードがとにかく作りたいとか必要な場合に、他に審査に通らないから一枚だけでも欲しい人が、最後の最後で誰でも作れるのがVISAデビットカードです。これがあれば、何かと救われる面々もあると思いますよ。

さすがに、デビットカードも作れない人はこの世にいないでしょう。居るとしたら、個人情報がマークされているような犯罪者くらいでしょうね。とりあえず、金融事故者だとカードは絶対作れないので、このようなデビットカードを代用として利用するしか他に方法はありませんよ。

但し、債務整理とかの金融事故者や延滞金融事故者であれば、延滞なら払っていない借金を支払いすれば金融事故が消える可能性もありますし、債務整理後五年程で金融事故者が消えてくれる可能性もありますので、永久にカードが作れないなんて事はまずありませんからこの点は心配無用です。しかし、金融事故者が現時点で作れるカードとなると、一括支払い用のデビットカードくらいしか無いです。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>