土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

金融事故者でも作れるクレジットカード デマかせ?

信用情報が金融事故者ではカード審査で通らないけど、金融事故者でもお金が借りれる消費者金融ならばありますよ。

ですが、嘘の情報なのかわかりませんが、金融事故者でもクレジットカードが作れるという人がいたのです。カード会社が停止している金融事故者でクレジットカードが契約出来るなんて、一体どういう構造をしているのでしょうね。

例えば、信用情報金融事故者で金融事故があるにも関わらずこれを信じてACマスターカードに申し込みしたとしても、カード審査で間違いなく否決をくらうでしょう。延滞による金融事故者とか債務整理の金融事故者であれば、カードローンもだめだから大手の消費者金融とか銀行は申し込みしても無駄になりますよ。

こんな状態で、どうやってクレジットカードが作れるというのでしょうか? よほど、ハッキング行為などをしなければ金融事故者というだけでクレジットカードも作れませんからね。

こんな人は、もしかしてデビットカードなどを正規のクレジットカードと思って、金融事故者でも作れると思い込んでしまったのでしょうか。残念ながら、信用がない金融事故者のカード申し込みは豚の耳に真珠と同じ意味ですので、こちらの意思がとんなに強くてもカード審査に通らないし意思も通じないでしょう。

いつでもカード発行出来る消費者金融も、カードローンだと金融事故者はだめですし銀行だってだめです。もちろん、クレジットカードも金融事故者ではだめとなるでしょう。

一体どんな所からこんなデマが流れてきたのか不思議ですが、借金返済をしていない金融事故者がいざカードを作りたい時に、こんな好都合な話は今の世の中にはありませんよ。金融事故者でもクレカが作れるなんて思っていたら、とんだ恥となってしまいます。

だから、もしかしたらカード作れるかもなんて思って、アコムACマスターカードとか楽天カードに申し込みしていたら、信用情報の金融事故者が更に悪化する事でしょう。審査が甘いクレジットカードやカードローンならば探せばあるのかもしれませんが、実際金融事故者が申し込みして審査に通ったケースは一件もないはずです。それだけ、金融事故者は嫌われていると言っても良いですね。

せいぜい契約出来るカードとして、あえて言うならばVISAでビットカード辺りが妥当でしょう。金融事故者がカード審査に通る事は一切ないので、ゴールドカードは夢の又夢ですね。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>