土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>

金融事故者でも作れるクレジットカード カードも頑張れば作れる?

自分が借金を払っていないとか現状の支払いを無視して金融事故者になっている場合など、信用情報に金融事故が載ってしまうと審査に通らない確率が100%となってしまうでしょう。一度金融事故者になると、延滞であろうが債務整理であろうが事故情報として扱われますし、5年しないとカードのご利用契約は不可能となってしまうのです。

それなのに、ネットでは個人信用情報機関に金融事故があっても契約出来るクレジットカードがあると話題です。さすがに、金融事故者がこれを知れば是非利用したいと思うものなのかもしれませんね。しかし、信用情報の事故があってからのクレジットカード契約なんて、ほとんどの人が耳にした事がないかと思われます。

つまり、債務整理や延滞などの事故で、信用情報に事故があればカードなんて作れるはずが無いのです。なのに、こんな情報があるという事は恐らく誰かが法螺を吹いたとしたいいようがありません。少なくとも、筆者の知識とか情報の範囲内であれば、申し込み出来るカードローンやクレジットカードなんて存在しないのです。あるとしても、金融事故情報関係なく作れるVISAデビットカードくらいとなりますね。

ちなみに、VISAデビットカードは楽天カードのようなショッピング向きのカード枠はありません。自分が申し込みチャージした分だけの支払い用カードの取得となるので、審査も無ければ別にこれといったローン機能を備えているものでも無いのです。

こちらは、個人情報とかメアドのみでカード取得出来るので楽と言えば楽ですし、金融事故者でも作れるカードと言えばこれぐらいが限度というものなのです。したがって、実用出来る消費者金融や銀行カードローンまたはクレジットカード全般もだめということになります。

ですが、家族カードがあれば、家族名義のクレジットカードが契約出来るかもしれません。但し、これも自分が金融事故者単独で申し込み出来ませんので、気をつけておきましょう。ETCパーソナルカードならば、カードが作れると言う人もあくまで車持ち前提のカードなので、やはり金融事故者だと生活全般に関わるカードローンが利用出来ないのはまぎれもない事実なのです。

基本的に、金融事故者はローンが組めないし審査に絶対通らないから、ローンカードと言われるものは何一つ絶対作れないのです。あの審査が激甘の楽天でさえ作れないという事だけは強く言っておきます。

だから、信用情報機関に問題がある人は、債務整理や延滞問わず事故情報は共通となるので、金融事故情報の持ち主はACマスターカードもだめだし楽天もだめで、憧れのゴールドカードも遠い存在と思っておいて下さい。あくまで可能性があるとすれば、先ほども言ったデビットカードか家族カード位でしょう。これ以外でカードが作れる情報は、ほとんどがガセだと思っておいても良さそうです。

カードが作りたいと思う人は、金融事故者である以上無理ですから早めに諦めましょう。そして、金融事故者が消えるまで申し込みはしない方が良いでしょう。それでもカードが作りたいのであれば、債務整理とか延滞の事故であれば5年経過が必要ですから、5年しないとカード利用は不可能と言えるでしょう。

一度でもカード事故を起こしたり金融事故が発生してしまうと、信用情報機関の回復には時間を要します。完全修復するまでの間、簡単に無審査で作れるようなVISAデビットカードや家族カードを除いて、通常類のカード会社のカード発行は無縁だと思っておいて間違いありません。

よって、金融事故者でもカードが作れるかと言えば、総合的にNOとなるでしょう。これで、カードが作れる人がいるのであれば是非一目見てみたいというものですね。何せ金融事故者でもカードなんて作れる可能性が0なのですから。現実はカード審査に通らないしカードが作れないオチだと思います。

土日祝日対応のモアタイムシステム対応はコチラ>>